2017年日経賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

日経賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅠ馬ではなく、密かに若手の非重賞勝ち馬に狙いを絞っていた人にとっては、当たり外れに関係なく、気分は悪くない結果となった。
阪神大賞典の上位2頭は抜きとすれば、有力候補である。

田辺騎手がうまく決め手を引き出して、厳しい流れに合った中団からの末脚比べで大物感を示したシャケトラには、小さなことを気にしない大物になってもらいたい。
伸びあぐねるGⅠ馬相手に、かつてテイエムオペラオーを一刀両断にした父マンハッタンカフェの末脚を想起させるような、我々にワクワク感を与える豪快な差し切りは、正直驚いた。
ただ、折角の天皇賞の前哨戦で、長距離型として大事に育ててきたのである。
-6kgの勝負の仕上げは、何とかもぎとった出走権ではあったが、まだ伸びしろを感じさせる末脚のようにも映った。

前走は速い流れ、距離適性は問題なしでも、相手がタフすぎたミライヘノツバサの充実ぶりも、この前以上に目を惹いた。
ヤマカツライデンを突けば自分もつらくなるが、それで最も被害を受けたのはゴールドアクターだ。
マイペースで仕掛け、うまく相手を競り負かすのがスタンスである本命馬は、決死の強気のスパートを追いかけざるを得なくなり、伸びあぐねた。

レインボーラインはこの距離で力比べの流れでは、どう乗っても人任せの競馬になってしまう。
GⅠ馬は負かしたので、これは次も展望できる。
一方、馬が軽くなってしまったように正攻法で、得意の条件でもパワー負けのゴールドアクターは、距離が魅力でという理由の春天参戦は、あまりお勧めできない。
ここでガッツの差で負けることは、作戦変更以外で上位入線は難しい。また、それができるタイプでもない。

ディーマジェスティに関しては、もう2つ季節を跨いでからの方が、皐月賞の疲れは抜けるはずで、時間を与えるより他ないか。
スタートで安めを打ったのは事実だが、皐月賞よりはハードな展開でも相手でもなかった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方