2017年ダービー卿チャレンジT レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ダービー卿チャレンジT -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

最後は外の方がいいと傾向は、明けの中山開催でもあったが、この日は春先の気候でない上に渋った馬場状態。
Bコース替わりで内目が残るという展開が、あまり想定されていなかったことで、スローペースなのに、みんな外を目指して直線は3分どころより更に外を回る馬も出てきた。

結局、キャンベルジュニアはいい位置を取りながら、外に振った分前を捉えきれず、馬場はいいところだったかもしれないが、何故か大外を回ってきたマイネルアウラートも、わずかの差ではあったが、本来の粘り腰を活かせる叩き合いに持ち込むところまでが行かず…。

これ以上外を回ってしまっては…、という戸崎騎手の判断は間違ってはいなかったように思うが、真っ直ぐ走らせてあげないといい決め手を発揮できないグランシルクは、見た目にはイン強襲の進路選択も、ステイゴールドらしい根性のある馬ではないので、流れに合わせて何とか連を外さないようにと踏ん張ったキャンベルジュニアは捉えきれなかった。

元々大柄な馬で、変則開催の9月の新潟で32.2秒というとてつもない末脚を記録したこともあるロジチャリスが、内田騎手の言うところの「ダイワメジャーなので」というキャラそのままに、これまで結果を残していた先行抜け出し策で、初重賞制覇を果たした。
母父ロックオブジブラルタルで、マイルではこの上ない配合でありながら、日本では時計を求められる競馬になることで、晩成でも何ら違和感の血統の影響もあり、こうして1:34.7という高速ではない勝ち時計の決着も味方したのだろう。

しかしここにきて、15年ラジオNIKKEI賞組がやけに元気なのは、ちょっと痛快である。
グランシルクの芸風に1ミリも変化が見られないのに対し、先行力で勝負できるオープン馬になった3頭には、まだこの先の重賞路線での活躍に期待が持てる結果が続いているのは、何とも頼もしい。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方