2017年マイラーズC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

マイラーズC -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

ペースは速くはなかったが、マイルCSの時よりずっと消極的な作戦ながら、インを突くことを冷静に選択したルメール騎手がさすがという騎乗を見せた。
イスラボニータにすらキレ負けするエアスピネルというのは…。
今の東京は、持ちうるスピード能力の全てを求められる競馬になりやすいが、京都でスローになっても、先行勢が一定以上のラップを刻まない限りは、中距離ベースの総合力の競馬になりやすい。

マイルでこそ期待という組であったブラックスピネルや出負けから巻き返す時間を作れなかったプロディガルサンは、マイルのチャンピオンを目指すということでは、まだまだ迫力は足らないということだろう。
ベテランのサンライズメジャーや、きっと右回りではそこまで強くないヤングマンパワーのテクニックに翻弄されてしまった。
クラシックを戦い抜いたエアスピネルやイスラボニータはそれに加え、古馬のチャンピオン路線にも挑んだ馬などには、あまり苦労の少ない競馬であったように思う。

しかし由々しきことに、このレースは遥か昔にノースフライトが勝って、続く安田記念を制してからというのも、全く本番に繋がりがない。
阪神で長く行われていたこのレースを、秋にも目標のある京都で施行することは、長いスパンで捉えれば意味はあるのだろうが、結果は伴っていない。

鋭さとか器用さとかではなく、末の持続力の阪神と助走のつけ方の巧みさが求められる京都は、スパイラルカーブ以外の末脚自慢に対するアシストがない東京の競馬とは、本質的な面で求められる能力の質が違うのであろう。
上手さで京都で連続して好走した上位2頭には、底力勝負という重い課題をクリアする目標が、高くそびえることになりそうだ。
昨年のようなスローはまずあり得ないわけだし、プラスアルファまではない。
相手が軽くなる分の浮上はあるだろうが。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方