2017年京都新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京都新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

行って持ち味を活かすしかなかったウインベラシアスが単騎先行するも、見た目よりずっと遅い1000M62秒台の通過。
が、ここでも馬群を牽引した組の能力は今一つで、伏兵は伸びきれなかった。
その流れを読んだかのようなサトノクロニクルは、どうやっても決め手比べでは見劣ってしまう馬だから、まだ1勝しかしていないということもあり、勝ちを狙った策のように映った。

しかし、序盤から少しストレスをかけた影響なのか、直線では大きく空いた内<京都外回りのスローではよくみる光景>にかなりもたれるように切れ込んで、ハーツクライ産駒でそこから立て直すのは少し時間がかかるから、時計のないダノンディスタンスくらいなら競り落とせたのだが…。

上手さを買って、それなりの自信をもって推したプラチナムバレットだが、これが意外と外枠からということもあって、すぐ隣のウインベラシアスの行きっぷりの良さを見て、大分無難な中団待機策となった。
京都外回りあるあるの前残しのパターンではあったが、そこはスマートレイアーの弟。
いつになく下げてからの直線勝負でも、ディープがいないのをいいことに、ただ一頭大外から前を捉えきって見せた。
黒光りこそ我が誇りという、サンデー系の継承者たるマンハッタンカフェの仔には珍しいこの芦毛馬は、やる前から結果は分かっているよ、と言わんばかりのわがままな差し切り勝ちで、ダービーへの出走をほぼ確定させた。

キレでも勝負できると分かった以上、一連の主要路線が異常な好時計決着になっている点からも、余力という面での魅力がある。
キャリアもある馬で、今回は中2週ながらプラス体重での出走。
弥生賞のダメージを感じさせない、鮮やかな勝ち方で優先出走権を得た東のダイワキャグニーともども、上手さを武器に戦えるこの中距離型の才能は、アドミラブル同様、侮れない伏兵となった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方