競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳馬選定 11月

読了までの目安時間:約 2分

 

重賞回顧から。
京王杯
セカンドテーブルのみ東京1400にフィットした才能を持っていたから、差し馬を連れてきた。高速決着のGⅡだが高評価は禁物。
デイリー杯
タガノエスプレッソの完成度が一枚上という結果。以下人気馬が続いたが、春まで力をキープできた者が生き残りそう。

東スポ杯
サトノクラウンは2戦目で馬込みを捌いて勝ち切ったので文句なし。アヴニールも一応休み明けだから仕方ない部分もあるが、あまり強烈な末脚を持っている感じはない。先行馬はだらしなかった。経過観察が必要。

京都2歳S
世代のキーホースを立て続けに破ったベルラップが、暫定トップに立ったレース。それにやや走路を侵されたダノンメジャーは距離に目途が立ち、それ以下もまずまず走って、スキルアップは図れた印象。人気のティルナノーグは、敗因探しより今後良馬場で巻き返せるかが鍵。

ファンタジーS
スローに流れたことが全てという競馬。が、GⅢ格に違わぬ時計の決着になったから厄介。
2着ダノングラシアスにはちょうどいい競馬だったか。

12クラシック世代と似た構図。それは今の日本競馬を牽引する世代だ。オープン以外の500万勝ち組では、
ルージュバック
ショウナンアデラ
ディアマイダーリン
ら牝馬が活躍。ベゴニア賞快勝のダノンプラチナと黄菊賞2着のレトロロックは今後必見。
もちの木賞楽勝のペプチドウォヘッドは川崎行きを決めたが、芝を使っても面白い。

注目の1勝馬は、ドゥラメンテとシャイニングレイ。あと、デビュー勝ちのロッカフラベイビーとコンテッサトゥーレはJFでも特注。
発想の切り替えの思い切りの良さが勝負を分けそうだ。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方