2017年京王杯スプリングC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京王杯スプリングC -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

ヒルノデイバローが楽に行けてしまうような展開に加え、平成ももうじき終わろうという時期にきて、その間これが2度目となった重馬場の影響は、想像以上に大きかった。

良馬場の方が良かったはずのレッドファルクスは、こういう馬場状態への適応力というより、前半ゆったりした展開から末脚勝負に持ち込むと、その持ち味を遺憾なく発揮できるタイプ。
スロー見え見えでも、自分から仕掛けることができないタイプには、こういった走りにくい馬場を一団に進んで、外から違う脚で伸びてくることが可能な条件だから、それで見せ場なしという負け方はもうGⅠ馬なので許されなかった。

得意とする左回りで、これが8勝目。
スプリンターズSを差し切り勝ちしたことの方が不思議なほどだ。
しかし、高松宮記念の内容が案外だったから、ここは人気が集中することもなかった。
こういうときのデムーロ騎手は、とても強かで頼りになる。

直前の準オープン戦でも、人気を背負っていながら、縦長の展開にも焦ることなく、今までにないくらいの末脚を引き出して快勝した。
何故来たのかよくわからないクラレントも、一応は3年前の2着馬。
やや折り合いを欠いた先行グループの一団後ろでゆったりと追走し、レッドファルクスとの叩き合いに持ち込んだのは、乗り慣れた岩田騎手ならではのテクニックがあってこそ。
終日地方出身の騎手の腕が光り、いいところを獲っていくいつものミルコがそこにはいた。

こういう日のクリストフは、案外大人しい。
全て人気馬に乗っていたが、騎乗できた6鞍は皆人気より上に馬を持ってこられなかった。
キャンベルジュニアに関しても、前に行こうという意思はあったのだが、内からヒルノデイバローに行かれてしまった後は、ズルズル後退。
馬のキャリア不足を補ってほしかったのだが、最後まで道悪攻略のポイントを掴めなかった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方