2017年平安S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

平安S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

ピオネロやクリソライトがやけに後ろの方にいたのが気になったが、結果、注文つけずとも楽に先行できたコパノチャーリーを、下げてもあまり妙味なしと考えたのだろう福永騎手のケイティブレイブがつついたので、先行グループは壊滅状態の展開に。

自分の形ではない馬が最後に突っ込んできたのとは対照的に、メンバーの割に、ちょっと人気が集まりすぎていたような気がしていた超大型馬のグレイトパールにとって、これほどやりやすい競馬はなかった。
中内田厩舎の活躍馬に共通した骨量豊かな馬体を遺憾なく躍動させた初重賞の舞台で、昨年のアスカノロマンを彷彿させるような圧倒的なパフォーマンスは、即交流重賞通用レベルの内容であり、5戦5勝の中身に後ろ指差されるような欠陥は何一つないことを、最高の結果で示すことに成功した。
単純に、ここでは役者は違ったという印象しかない。素晴らしい。

名血ビクトリアクラウンを3代母に持つ血統馬で、ダート1800以下を一度も使われたことのない、恐らく史上初のオープン馬になったこのグレイトパールは、持てるパワーをフルに発揮するために、ダートを使われた昨秋から、最初の芝→ダート替わりこそ中3週だったが、以降は、6週-5週-2か月-2か月と、大事にレースを選んできた節がある。
クリソライトの重賞連続好走で、ちょっと参戦できるか分からなくなってしまったが、帝王賞を使うにしても、ここまでの余裕のローテがあるから、あまり不安はないだろう。

何より、秋から6戦しかしていないとはいえ、ダート初勝利から体重の変動がほとんどないというのは、何より立派な強調点だ。
ダート10勝馬を送り出したキングカメハメハ。
母方に並ぶ前に行って渋とい血脈は、この大いなる魅力を感じさせる才能をどこまでアシストしてくれるのだろうか。
ひとまず、ゴールドドリームに出会うまで負けないことが、次の目標となった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方