2017年目黒記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

目黒記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

信じ続ければ救われる。
筆者推奨のワンアンドオンリーが内をついてジリジリ上がっていったところを、大外一気に伸びてきたのが、神懸かったルメール騎手乗るハーツクライ産駒・フェイムゲームだった。
今年もダービーに縁のなかった戸崎騎手のヴォルシェーブが、ほぼ理想の人気馬の競馬で、上手にごちゃついた馬込みを抜け出してきたのに、ここもごつぁんです、であった。

このホールオブフェームを母持つステークスウイナー。
兄も有名馬・バランスオブゲームであるが、血のなせる業なのか、戦績に関して、何とも稀有なリンクを見せている。
それぞれ初勝利後の重賞でいきなり10倍以上の単勝支持を大いに裏切り、快勝した。
その後、両者とも3年続けて重賞制覇。
長距離を得意とする弟は1番人気に2度応えることもあったが、主だって、今回のような意外ところで快走する特徴はまるで同じだ。
そして、1年挟んで、得意な条件に戻ってまた重賞勝ち。

ずっと同じ騎手で、作戦のパターンも同じというところから、少しアレンジを加える乗り替えがあったりしたが、ここだけは違って、初めて乗るルメール騎手が結果を出したのと、兄のような勝ちパターンが確立されている馬だと、騎手はやっぱりカッチーでないと、ということに差は現れた。

ただ、こう思うところもある。
父が替わっても、同じようなキャラクター。
どうやら、これが上がりのような気配のするフェイムゲームは、7歳になって宝塚で好走したバランスオブゲームと同じ歳になって、キャリアの重ね方こそ違うが、どうも宗像調教師の準備の仕方、作戦の実行において違いを見出そうと努力した形跡は見られるが、徒労に終わった感もある。

ステイゴールドやサッカーボーイにはなれないことを改めて実感した瞬間。
どうもルメール勝利以外に、味気なさを禁じ得なくもないが、それはダービーも同じなのかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方