2017年鳴尾記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

鳴尾記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

武豊をどう潰すか、というテーマで、スローが見えていた一戦。
今のバンドワゴンなら実績上位組にも見劣りしないと思ったのだが、不器用さは相変わらず。
これがステイインシアトルを潰しに行けないのだから、彼が残るのは致し方なし。

4年前にトウケイヘイローで逃げ切った時とは違い、終始後ろの馬にジリジリ脚を使わせる巧みな逃げで、キャリア10戦目にして、6歳の春を迎えたステイインシアトルを駆った武豊騎手は、決め打ちが難しくなった仕方のない1番人気・スマートレイアーの主戦でもあった。
どううまく乗ったところで、差す形にした場合は、必ず前に離された後から追いかける形になってしまう馬。
あまりにも敵の力を知りすぎた名手が、彼女の持ち味である最後の末脚を封ずる手など、いとも簡単に導き出せただろう。

ちょっと差してみた時期もあったが、何せ、3歳春の未勝利戦でデビューしたような馬のこと。
阪神2000Mは今回が春挑戦だったが、同じ内回りの2200Mで2戦2連対だから、この頭数で行く手はもう最初から決めていたようだ。

それにしても、やたらと見どころのないGⅠ前哨戦であったから、いくらでも伸びしろのあるステイゴールド産駒の勝ち馬以外、この敗戦をどう見たらいいのか、正直見えてこない。
ステイインシアトルとて、脚質も鞍上も本命馬とバッティングが起きる状況で、無理に宝塚を使わないと仮定した場合、ラストインパクトも見せ場なしでは、夏の活躍を見極めるより扱いようがない。

高速馬場だったので、2分を楽々切ったタイムは当てにならないし、差しても限界があると陣営が判断して、策を元通りに戻せば可能性のある4着のスズカデヴィアスだけ、平坦のすんなりした流れで期待できるか。
暮れにやっていた時もGⅡ時代も、それなりのメンバーはいたはずだが、こんな鳴尾記念では、ちょっと興ざめである。
ここの前に使える重賞が必要だろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方