2017年短距離戦線春総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

短距離戦線春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

有力とされた期待馬の足らないものが、顕在化した春だったように思う。

高松宮記念の前に、今年もダンスディレクターの回避が決まり、ビッグアーサーも春は出られない状況になってしまった。
自ずとレッドファルクスは注目される存在になり、体調一歩でも、見せ場を作らなければ後がない状況になった。
雨を味方につけた上がり馬・セイウンコウセイの圧倒的な道悪適性と器用さ、ここでも有力視されていたメラグラーナを負かしている実績はあったが、レッツゴードンキなども勝ち味に遅い性質があって、人気馬の上昇度が今一つだったので、がっぷり四つとならなかった。

レッドファルクスはインを抜け出そうとしてきたが、ワンタイミング仕掛けを遅らせないと味が出ないところもあり、主役の競馬ができない死角があった。
そっくりそのまま、似た馬場状態の京王杯SCはいいところだけが出せたが、安田記念は距離の死角もあって、展開上不利なスロー予想の中、レースが行われた。

ところが、時計さえ速くなればスプリント適性で勝負できる馬にも、大いにチャンスがあるのが安田記念。
自力勝負に今年は持ち込んだロゴタイプが、実のあるGⅠペースを演出し、仕掛けのタイミングに課題だらけのサトノアラジンが、川田騎手の思惑通りの後方待機からの大外一気で、ついにGⅠで一番目立つ男になった。

一応、スピード勝負歓迎だったレッドファルクスは、終いこそ伸びきれなかったが、GⅠ馬としての見せ場を作った。
一方、競馬が上手なタイプの人気勢は、大して負けたわけではないものの、決め手がある派手な脚質ではなかったから、エアスピネルが後ろから来て掲示板に載ったくらいで、正直、目立つところがなかった。

万能の武器がありそうで、実はワンパターンしかない馬が安田記念で目立ち、自在性が優先された高松宮記念とでは、テーマは違っても、熟成度合いでは共通して古馬タイトルの格は最低限求められたように映る。
両方3着のレッドファルクスは、スペシャリストではないことを証明しつつ、ややズブさが増したことで守備範囲が広がった側面もあるから、本番では今後は惜敗が続きそうな予感もする。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方