2014 2歳戦総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳戦総括 牝馬編

読了までの目安時間:約 2分

 

スタートとゴールでそれぞれ思わず苦笑いしたくなるような若さ溢れる場面が繰り広げられたジュベナイルフィリーズ。
今年も現時点における世代の主力級が集結し、この結果はそのまま暫定順位を示す結果となった。

重賞連対馬と重賞未出走馬との対決構図は、例年通りのこと。外回りができてからはこの流れだ。
これまでの戦績は、
連対馬3-5未経験馬
正直言って、決定的な差ではないにせよ、明らかにフレッシュさが優先される傾向が出てきている。

今年も結局は、500万特別を制したオープン馬が勝った。
ショウナンアデラの末脚は、まだ誰も知らない領域に存在した彼女の隠された一面だった。陣営もオーナーサイドも、もしかすると馬自身もが瞬間移動のようなキレ味でレッツゴードンキらを一刀両断にするシーンは想像していなかっただろう。
本質は、出遅れさえなければ好位抜け出し型。この時期に自在性を披露しただけでも収穫は大きい。
現状、断然の2歳女王という位置づけになって当然だろう。

好走したアルテミスS組の印象は、器用貧乏が持ち味になられては困るレッツゴーと何とか折り合い面に当面の目途がたったココロノアイ。自ら世代の基準馬であることを改めて示した2頭だが、初勝利時のパフォーマンスは秀逸なものであったから、桜の前に何か新しい一面を見せられれば、もしかすると、もある。

ロカについては、勝負圏外の競馬も、瞬発力勝負と坂に若干の不安が残る内容だったので、その点でも評価保留。正攻法が合うはず。
あとは、人気薄の好走馬もいたがコートシャルマン含め、距離延長への対応力次第ではあるが、概ね格下の印象だった。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方