2017年札幌2歳S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

札幌2歳S -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

意外という感じの道中の並び順。
有力馬の中で唯一内枠からの発走となったカレンシリエージョは、池添騎手が気を利かせたのか、出発点からすでに怪しい気配だったのか、牝馬で揉まれるのは危険と考えたようで、下げてから外に出したから、無難なスタートから中団の外目にスムーズに位置を取れたロックディスタウンに、ある意味主導権を握らせるような競馬になった。

外枠の牡馬勢は、大外のファストアプローチが、昨年のトラストほどではないにせよ、スピード能力を意識したようなローテでここまで走ってきたから、スローと分かり切っている蛯名騎手は好位につけ、前走の末脚を信じたクリノクーニングは後方に構えた。

一応小回りなので、スケール感の大きな差し馬タイプでも、ここで捲りを決めないと出世は大分遅れることが証明されてきた舞台であることを改めて証明するように、少し下げる競馬をせざるを得ない状況に追い込まれた函館1800レコードコンビは、共に勝負所で圏外。

自在の立ち回りに持ち込めた関東の名伯楽が自信をもって札幌に連れてきた2頭が、最後は見応えのある叩き合いを演じた。
勝ったのは確かに、ややローテがハードながら、前走の内容は楽勝という形で増減なしの馬体重で挑めた人気のロックディスタウンなのだが、全部ひっくるめて、この世代のトップホースのレベルはかなり高いことを証明するように、ホッカイドウ競馬のダブルシャープも直線は見せ場十分で、無理のない臨戦過程が非北海道2場デビュー組だったという皮肉な結末も印象的な結果に終わった。

距離が延び、また相手強化で力が出せなかった、馬脚を露わすような格好で力尽きる馬は五万といる中で、ロックディスタウンとファストアプローチの底力は、良血ディープにないガッツに由来するものだから、素直に素晴らしいとここでは絶賛したい。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方