2017年新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<9/16~18>

読了までの目安時間:約 3分

 

さてさて。
土曜の中山はまだ雨が降る前。
芝1800もダート1200も逃げ切り。
芝は人気のマイネルファンロンの追撃をハナ差凌いで、ヴィクトワールピサ牝駒のスピアーノが制した。近親にファイトガリバーがいる系統。底力はある。
ダートの方はシニスターミニスター産駒の関西馬・メイショウヒサカタが他を圧倒。コツコツ走るステファニア系らしい馬になっていきそう。

この日の阪神からは天候・馬場を記していく。
芝1400 雨・稍
雨量が増え始めた頃のレース。これもダイワメジャー産駒のハゼルが逃げ切り。母がミスワキ×サドラーだから納得にスロー押し切り。

日曜
中山芝1600(牝) 雨・稍
悪化の一途をたどる状況。
大外ブン回しの後方一気でトーセンブレスが快勝。1番人気も同じディープ産駒のプリモシーンだったが、これも内をうまく回ってくるのは得意ではなかったか。道悪では急なギアチェンジは難しい。

阪神芝1800 曇・稍
台風はまだ遠く、むしろ、馬場は回復気配の状態。
自ら高速決着を演出した人気薄のリュクスポケットが逃げ切り。
1:47.7で後ろから突かれながらの結果。ダイワメジャーとキングカメハメハの決着だから、前にいた方が有利だったのだろうが、勝ち馬は素晴らしい。

月曜
3レース全て、晴・稍で施行。
阪神芝1600(牝)
エイシンフラッシュ産駒2頭の一騎打ち。ボウルズが外から、ウスベニノキミはそれを受けるように好位から抜け出し、最後はボウルズが競り落とした。良血馬は両者含め多かったが、案外の凡戦の印象。

ダ1800
好位抜け出しでゴールドアリュール産駒のサクラアリュールが、低評価を覆す好内容で快勝。母系の大元は世界的名血で、フロックではないだろう。

中山芝1200
兎にも角にも、外々を別次元の脚で伸びたアンフィトリテが別格という競馬。
リアルインパクトの姪でロードカナロアの仔。自信を持って戦える時の強さは、超A級というのが特長の注目すべき血統であり、むしろ、マイル辺りが完成期での主戦場になる可能性もある。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :      

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方