2017年 神戸新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

神戸新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

-12kgはあまり見た目には影響はなかったように見えたキセキは、そんなに速いスタートを決められるタイプではなく、新潟で見せたような驚異的な直線での反応も、実は条件が整ってこその完全後傾ラップ型であるから成せる業であり、スローのイン追走は、デムーロ騎手が外に出しては追い込み切れない馬場状態という判断をしたためのことだろうし、春の実績馬は概ね交わしているから、これはこれでよしとしたい。

サトノアーサーは距離延長のダービーでは、特異な展開もあって、初の長距離輸送を経て精神的に強くなった分、地元では崩れないという強みを活かして、人気通りくらいには走った印象。
軽い馬ではないが、では重厚かと言われると、馬体の印象は陽の当たり加減では全く480kgの馬には見えない感じで、これが大幅プラス体重だったのに、課題とされていた後躯の力強さの不足を今回もまだ及第点を与えるところまでは、成長によって埋め合わせることはできなかった。
緩急の競馬は苦手という馬だろう。本来、こういう距離は向かない。

マイスタイルは強気に行こうという意思を見せたところで、結局速い馬ではないから、意外と上手に先行できるタイプのアダムバローズにハナを叩かれてしまった。
菊花賞に向かうわけだから、無理には追いかけられない。
不幸にも、楽に先手を奪ってというダービーの形ではない上に、後ろには正しい位置をとったあの時の勝者がまた素晴らしい手応えで追走してきた。

武豊騎手のダンビュライトも、ただ乗ってステップにするレースとは考えていないから、最初からスタミナを測るためにオーソドックスな競馬に打って出た。
結論は、普通に乗ってはダメ。
昨年のエアスピネルとは真逆の策で、鞍上の腕ということでいうと、マイスタイルは乗り替わってくれるな、という陣営の本音が聞こえてくるような内容に映った。
ベストアプローチはいい位置だったけど、人気馬が普通に競馬をしてしまって、自慢の一騎集中型の決め脚を活かしきれずに掲示板も外してしまった。

この辺りのメンツは、よく考えてみると、カデナに一刀両断にされてしまった弥生賞の上位入線組である。
今回勝った馬がいないんだから…、の理屈は、特段抜けた存在の上がり馬もいないとほぼ確定している状況で、大いに勝ち気に本番に臨める怖い本流組となるはずだ。

さて。
普通の競馬をここで覚えたレイデオロ。
何から何まで、ディープスカイによく似ている。
マイルを使ったことはないレイデオロだが、配合的には、安田記念でレコード走をできそうな軽くはないトップマイラーの素質がきっと秘められているように思う。

しかし、返し馬辺りまでやんちゃな彼は、レースに行ってここまで、ひどく引っ掛かることはなかった。
無論、ディープスカイだって勝ち気なところを秘めているからこその追い込み脚質だったから、毎度豪快に追い込んできたわけだが、後輩はダービーの時点でその点の展開上の不安は解消しつつあった。

もっと下げて勝負する手もあっただろうが、機を見る敏となる前に、すでに好位のポジションにつけたルメール騎手は何とも憎らしいほどクレバーであった。
本来負けるはずのない相手に、やっぱり強さを見せつけたことの意味。
現状、キセキが太刀打ちできないのなら、未対戦のミッキースワロー以外にこの世代の希望はいないように思えたゴールシーン。
これでゆっくり、大人になったレイデオロをある程度追い込んで仕上げることができる。
やれるのであれば、しっかり調教する。
祖父シンボリクリスエスの引退レース前の稽古は、関西のハードな追い切りをする厩舎と遜色のない内容だった。
それができる時期が、もう少ししたら訪れるのだろう。
楽しみが残っただけでも、低レベルダービーと揶揄する声を消すには十分な結果だ。

 

タグ :   

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方