2017年凱旋門賞 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

凱旋門賞回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

重馬場という発表だったが、日本のそれと大差ないタイムの決着。
エネイブルだけは特別。
得意とされた道悪競馬で、道中での総マークをうまく交わさせるフランキーの判断に加え、ヨーロッパのミドルディスタンスホースではあまり経験ができない多頭数の競馬で結構揉まれる展開に巻き込まれるかと思いきや、結局、他の馬に脚を使わせてしまっただけという他陣営にとっては冷や飯食らいさせられたような、直線での反応の差で、もうみんなノックアウト。

特別な世界の中にいる選ばれし一頭という雰囲気は、出遅れても勝ち切ってしまったドバイワールドC制覇時のアロゲートと似たものがある。
残念ながら、今の日本にこのレベルの馬はいない。
もしかすると、エネイブルと同い年の彼女なら、違う舞台で輝く可能性もあるのだが…。

一方、オブライエンのチームプレイの前に手も足も出なかった日本勢は、今年は役目がはっきり分かれた2頭の共演が叶った。
里見コネクション。無論、同厩舎。ところが…。

軽いという概念は、例年の雨の年の凱旋門賞を肌感覚で掴んでいる人馬ならば、今回は極端な馬場悪化ではなかったので当てはまるのだろうけど、2頭揃って海外2戦目の新参者である。
前走のフォア賞に続いて、いいところにつけているような雰囲気を醸し出しながらも、エネイブルがこれから後続を突き放そうとした時には、もう失速するのみであった。

参考にするために必要な解釈。
来年以降またロンシャンでやるのだから、作戦の差は大きくならなくても、今年の馬場は実力のある馬には即好勝負の歴史があるので、成功に最も近づいた「エルコンの功績」に倣えということで、今回はいいのではないか。

良だと馬群は密集して、日本馬では苦戦必至。
自分で選択してラビットを制して先行できたのは、人馬ともフランスの競馬の流儀を理解していたからだ。
プラスして日本馬の武器であるスピードも活かしきった。
今回、逆の作戦しか考えられないほど力差があったので、何もできなかった点で昨年との差を見出しにくくなっているが、この2分28秒台の決着には、日本の軽くはない馬が挑めば、もしかして…、という希望が生まれた瞬間にも思えた。

 

タグ :     

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

安心・安全、リクルートグループのMatchBook

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方