2017年毎日王冠 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

毎日王冠 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

必ずしも万全ではなかったのかもしれないが、ソウルスターリングの直線、特に、同期のダイワキャグニーとの競り合いを全く受け流すことはできなった辺り、体がシャープの映したのは必ずしもマイナスとはならないと思っていたのだが、スタートの少し遅れた分を早くカバーしたところまで全てが、彼女の敗因となってしまった。

一方、中団から鋭く反応して、得意の左回り1800で弾けたのがリアルスティールだった。
昨年は安田記念の自滅から、ここをパスして、フレッシュな状況で秋天とJCへ全力投球という臨戦過程だったから、結果として、春に調子落ちと鼻出血というアクシデントでほぼ半年は休養しているような状況になり、うまいことこのレースにいい調子で出走することが今年はできた。
この条件であれば、どんなに強敵が相手でも強気になれる。
陣営にはその目算があったのかもしれない。

同じように惜敗続きで茶を濁していたサトノアラジンがGⅠ馬となり、同格のライバルとなった今回、しかしまだ格上だということを示すような余裕残しの先着であった。
フレッシュさで勝負できた昨年の秋の天皇賞でも素晴らしい直線の反応。
その時と同じデムーロ騎手が乗るのであれば、あまりにも遅いのなら別だが、本命馬のリードで展開する競馬で、中団の揉まれないポジションを取れたのだから、その時点で人馬とも直線の展開は見えていた。
あっさり、という意味では、ソウルスターリングとこの馬は同じような感じもしないではない。

牝馬が逃げて…。
思えば、有馬記念以来のクイーンSを勝ち損ねて、こちらに回ってきたファインモーションもダメだった。
ウオッカも2年連続ゴール前差し切りを食らった。
その時点では、まだ格下の相手にである。

強い牝馬にとって鬼門なのがこの毎日王冠。
相手が違うとはいえ、メジロドーベルもスイープトウショウも不発だったのは、何も偶然ではないように思う。
次をどこに求めるのかによって、それぞれの思惑も違う。
かなりタイトなローテとなる次走秋天希望の組にとっては、春に一度仕上げた上に結果も伴っていた場合、そう簡単に次につなげるための勝利を、という形には持っていけないのだ。

ましてや、大幅距離短縮のソウルスターリングの場合、聞くところによると、夏に厩舎の場所が変更になって、休養していた場所から戻ってきたときに環境が変わっていたから、恐らく陣営の予想した通りではあっても、結構ガレてしまったのだという。
そこから約1か月弱で、その後の中2週まで考えたら、押して上がっていくような鈍重な牡馬ではない彼女は、やたら滅多に追い込むことはできなかったことは容易に想像がつく。

奇襲の逃げが、このレースに関しては特別なことではないから、みんなでしょんぼりしても仕方がない。
ステップレースはあくまでもステップ。
次をどこにするかは、僅かな時間しかない調整期間の中で決めればいいだけのこと。
今日に関しては、評価するだけのレース内容ではなかった。
特別になるための道は、やはり険しいということで納得できる古馬初戦だったように思う。
歴代の名牝たちは、最後にここを制した牝馬であるシンコウラブリイも含め、だいたい秋にタイトルをモノにしている。
前例に倣っただけ、と捉えるのがベターである。

個人的には、グレーターロンドンが後方からというのは想定内だったのだが、果たして、ソウルスターリングが人気通りに走っていたら、結果が変わっていたか…、という疑問がある。
リアルスティールが鋭く反応し、誰よりもスムーズに抜け出してきたのとは対照的に、同父のGⅠ馬2頭よりも反応の差があった気もする。
キャリアを積み重ねれば変わる部分もあるのかもしれないが、期待した2頭のレース内容には、実は作戦の違いがあった分だけ、いつも通りのグレーターロンドンの方が、上がり目で劣る面があるように感じた。
そもそも、この3着でGⅠはアウトである。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方