2017年京都大賞典 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京都大賞典 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

影になるところをずっと通ってきて、最後だけ目立つところに出てきたスマートレイアーと武豊のコンビが、タフな展開となった多頭数の京都大賞典を制した。ベテランコンビらしい結果だ。
やけに強気だったトーセンバジルは、地方競馬におけるベストポジションである好位のインにつける岩田騎手のベストライドもあって、直線半ばまでは楽勝の手応えだったが、終いが伸びるタイプがいきなりの本格的底力勝負に正攻法では、終いが甘くなるのは致し方なし。
スマートレイアーがスムーズに馬込みをすり抜けて、武豊騎手のイメージ通りの脚を使ったことが、ある意味で一番のポイントになったレースだから、重賞未勝利馬ながら、上がり目はこの馬が一番ありそうだ。
この辺りまではまあいいとして…。

ミルコならもう少し普通のポジションを取りに来ると思った3番枠のシュヴァルグランは、奇しくも、スタート直後に隣から出たスマートレイアーとの位置取り争いで、気性の面もあるのかもしれないが、僅かに劣ったことで、結果、早め進出の大外ブン回しというやや芸のない<人気馬と力のある騎手だから敢えて言うが>内容の競馬で、勝ち損ねたという印象の3着。
内で我慢していれば…、ということは、最初に位置を取れずに、ラストインパクトの案外のゲッツある先行策による恩恵を受けられるだろうという読みが働かない状況だから仕方ないが、多頭数で人気になっているということも、悪い方向に影響したか。
何とも評し難い内容である。

休み明けで2分23秒台はきつかったか、ミッキーロケットは最後に強引にこじ開けるようにして伸びてきたが、既に圏外という4着止まり。
気になったのは、特に不利もなく勝手に大敗した印象のサウンズオブアース。
体が絞れて動きやすい状態だったはずだが…。
京都でモタついているようでは、東京ではもっと苦しい。
昨年の凡走とは訳が違う。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方