2017年新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<10/14・15>

読了までの目安時間:約 3分

 

各場降り方が違ったので、馬場状態もまちまちの土曜競馬。
ダートの馬場差は大きく、東京は不良、京都は普通の良馬場だった。
そのダート戦は、京都1800のライジングドラゴンも東京1400のダークリパルサーも正攻法の抜け出しで快勝だったから、あまり馬場状態は勝ち負けには関係なかった印象。
東京は馬場が速すぎて伏兵は用なしだったが、その分、上位勢の評価は高くなる。

京都は芝が短距離戦。
ゴーンウエスト直仔・イルーシヴクオリティ産駒のロンロネオが、直線の反応は他とは全く違い、楽々の抜け出し。
ミスプロの3×4で同系配合。こちらもダートで勝負したいタイプに育つかもしれない。
東京の芝のマイル戦では、アユサンの全妹・マウレアが上手な競馬で勝ち上がった。
異系色が強い母系だけに、本来は完成まで時間を要するタイプ。春以降に期待したい血統馬だ。

日曜はまず東京が道悪競馬。
重の芝で2鞍行われた。
マイルの牝馬戦の方では、ディープ×ハウオリのオハナが、外から豪快に伸びて快勝。
1800も3代母がヒシアマゾンという良血のギャンブラーが人気に応え、石橋脩騎手が連勝。
泥臭さ漂うGⅠデーの裏開催で、好漢の手綱捌きが冴えわたった。共に底力型。
ちなみに、新潟ダ1200デビューウインのドゥリアリティも3代母は共通のヒシアマゾン。
パワー勝負に真っ向から挑むのが合う。

刻一刻と天候が悪化した昼休み前後の京都の2戦は、ダ1200は武豊騎手のクレヴァーパッチが5馬身差圧勝、芝1800戦も人気になっていたディープ×クロウキャニオンのフォックスクリークが快勝。
こちらは川田騎手が流れと馬場を考え、正攻法の策で3番人気のドラセナを受ける競馬をしたのが幸いした。2番人気は後方で脚をとられていた。
フォックスクリークの兄・クリアザトラックもデムーロ騎手で京都内回りの1600を番手抜け出し勝っているが、重賞では結果が出ていないから、本当は下げて勝負した方はいいのかもしれない。
しかし、それでGⅠを勝てるとも思えないところが、何とも歯痒い。


■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証
3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)
8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円
>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :   

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方