2017年富士S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

富士S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

結局、みんなでそろそろ走っていたのに、エアスピネルの走破タイムは1:34.8だった。
2歳時に、それも2戦目であったデイリー杯2歳Sで、人気を分けたシュウジを瞬く間に差し切ったシーンが鮮烈だったエアスピネルが、予想の段階よりもずっと馬場が悪化してしまったものの、百戦錬磨の武騎手の理想的なレース運びも手伝って、京都金杯以来の重賞制覇を成し遂げた。
ただ、一皮むけたとも断言できず、あの朝日杯前の雰囲気に似ている気もする。

デイリー杯の時よりも馬場が2段階悪化しているにもかかわらず、筋肉の質そのものがより進化した2年後の富士Sでは、その時より1秒速く走っている。
金杯の時は危ういところも見せていたし、1年前は距離不安をどうカバーするか、鞍上が考え抜いた末に、イン強襲で菊3着という馬。
いつも自分なりに頑張る馬らしく、相手との勝負にある意味では展開しえない不良馬場は、エアスピネルのだらしなさより万能型の中距離馬の本質を際立たせる要素に変えて見せた。

そうなると、総合力のイスラボニータや本質中距離型で父も重賞タイトルの持ち札もそっくりなクルーガーが続くのも当然だった。
元より道悪はあまり好まない皐月賞2着のペルシアンナイトは、同期のレッドアンシェルのマイペースの先行策をついに止めることはできずに、途中まで1番人気のプライドを保ちつつ、完全にリズムに乗り切れずの5着に甘んじた。

グランシルクの前にロードクエストがいたように、夏に激闘を繰り広げた組のバランスの部分で、この馬場状態はとても対応しきれない異質の競馬となってしまったから、その他大勢の泥んこ組に数えられるのも納得せざるを得ない。
サトノアレスには意外とこの馬場への対応力があるような6着という結果だが、勝ち馬からは1秒ほど離されている。
重馬場で即台頭というほど、タフな底力型というわけでないことが露呈してしまった。
これは少し残念だ。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方