2017年新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

新馬回顧<10/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

せわしい選挙スケジュールに合わせるように、北からではなく南方からややこしい奴が来襲することになった菊花賞ウィークは、ずっと雨の中のレースになってしまった。

土曜から重馬場。
芝だけ4戦で、その影響は最大の形で現れた。
京都1400<牝>差し切りのナディア<ノヴェリスト>、同1600で馬群を捌いて抜け出したカツジ<ディープ×メリッサ>や、東京の1600戦楽勝のデルタバローズ<ストームキャット直系イントゥミスチーフ>などが、道悪をいいことに(笑)、我が物顔で直線の後半を制圧するシーンなどは、血統に見合った適性の差が現れた印象を受ける。
普通はああはうまくいかないという展開に見えたが、スローであろうと、馬群は必ず最後はバラけるので、道悪に少なからず強調材料のある馬であるかないかは、実に分かりやすい結果として現れた。
評価保留が無難。

一方、人気ながらディープ×スモークグロッケンでは、やや重適性で見劣る面のあった東2000のオブセッションに関しては、ルメール騎手が状況を見極めて外に出す競馬で結果を出していたので、直線は外に出そうと努力して、対抗格のラムセスバローズに迫られたものの、最後はガッツや基本能力で封じた印象。
東スポ杯はもちろんのこと、年末のGⅠでも通用しそうな決め手を秘める。

日曜日はもはや捨てレースといった趣。
その中では、ちゃんと人気に応えて京2000M戦を2:12.9で駆け抜けたグレイルは、しっかりと褒めてあげたい。
このレース、サンデー系と重厚欧州配合との組み合わせの馬しか上位に来なかった。納得の新馬戦でもある。

残りは結果だけ。
東京
芝1400 1:29.1 ハーグリーブス<エンパイアメーカー>
ダ1600 1:38.8 グラスチャンプ<シニスターミニスター>

ダ1400 1:25.5 アントニーオ<ハードスパン>

芝1400<牝・重> 1:25.4 ダイシンステラ<ダイシンオレンジ>

芝1400・ダイシンオレンジの衝撃もさることながら、東京戦の1分30秒に迫ろうという時計の勝負も、さすがに可哀そうに映ってしまったのは残念至極だ。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方