2017年京都2歳S レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京都2歳S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

武豊騎手は、長らくタイムフライヤーの伯父にあたるタイムパラドックスのパートナーだった。
前走は豪快に大外を独走したタイムフライヤーだが、馬体の大きさの割にしっかりと身の詰まったパワー型という印象に似合わず、意外と使える脚が短いという配合的な死角を、どこかで理解していたのだろう。
マークして最後に競り落とす。

一流の騎手だから、そういうのを事も無げにやってのけてしまうのが世界の武豊なのだが、こういうときは、経験もモノをいう感じがしたゴール直前の逆転劇だった。

筆者もそれなりの自信をもって推したグレイルは、メンバー中最高馬体重でありながら、全くムチムチ感はなく、むしろ黒鹿毛の馬体は西日に映え、より逞しさをたたえると同時に決して決め手に乏しい欧州マイラーの死角など全く感じさせない好馬体が目立っていた。

そういう馬は、正攻法で戦うと確実に自分の力を出し切れる。
今回は、もう少しだけステップアップさせるために前に馬を置いて、課題をクリアさせていくという差し馬にするためのトレーニングも試してみたが、最後は、使える脚、もっと言うとより万能性で上回るグレイルが、変に器用すぎてパワーが出し切れなかった感じのタイムフライヤーに、もっと先を見据えた中での武器の違いを顕在化させるように、こちらが今回は外から伸びてきた格好だ。

兄はマイルベースの中距離型であるロジチャリスで、母父はロックオブジブラルタル。一族にブラックホークとピンクカメオのマイルタイトルホルダーがいるグレイルは、父がハーツクライということもあり、トモがしっかりするのに時間を要する配合イメージにピタリと合う、3歳秋以降の活躍は見込まれる。
鞍上も認めるように、加速するまでモタモタしたところがあったし、早熟ではないことも証明できたことは、新たな才能の朱減という結論で、衆目の一致するところになりそうだ。

 

タグ :

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方