2014 古馬戦線回顧

JUST競馬予想ブログ

古馬戦線回顧<王道路線>

読了までの目安時間:約 2分

 

スイッチの入ったハーツクライ産駒が、アジアの西と東の果てで躍動した。その代表格がジャスタウェイ。
ただ、彼に向く競馬が日本に1つか2つしかないから、敢えて適距離より長いところを使っていく道を進むより他なかった。そこに凱旋門賞があったから…。道を踏み外さなければ、有馬記念は勝てていたはずだ。

ステイゴールドがオルフェ活況の流れを掴んで、続々連覇達成の勝ち鬨をあげた春季。
暖かくなると走り出すトニービンの血が入ったハーツクライ産駒などが、大いに注目を集める中、それらの主役級はこちらでは助演男優賞獲得に甘んじた。
気高きステイゴールド産駒たちの咆哮は、漆黒の怪物と世紀の曲者の生き様そのもの。
信頼できる名手と共に、前年以上に勝負強く、他を寄せ付けぬ威光を放ったレースぶりからは、父の偉大さも同時に感じた。

秋になると流れは一変し、ディープと他種牡馬の代表産駒との一騎打ちになった。
結果は、2勝1敗でディープ産駒の勝ち。
特に、消えかけていた闘志に順々に火が灯っていった秋の3連戦の結果は、歴史的シーンの連続であり、圧巻のショータイムとなった。
今年の中央重賞未勝利馬による勝利は、ずっと避けてきて中山を初めて使ったジェンティルドンナの有終の美で締めくくられた。
スピルバーグもエピファネイアも、大いなる一発をぶちかましてGⅠ馬らしい底力を示し、皆を驚かせた。

彼らのほとんどが、2015年も走る。
これなら安心と言いたいところだが、若手の台頭は絶対に不可欠だ。ライバルがいたからこそ、彼らが輝いたのも事実。
究極の底力は、独力だけではなかなか引き出されない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方