2017年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

新馬回顧<12/2・3>

読了までの目安時間:約 3分

 

荒れ放題の中山、馬場のいい阪神。
スタートは対照的だった土曜中央2場。
阪神の芝2000Mに登場したヴェルテアシャフトは期待に応えたが、相手が軽すぎたのか、好スタートを切って行くしかなくなったため、馬込みを経験させられなかったのは残念だったか。
母系がパワフルで、ディープ産駒らしからぬスピードを秘めるのだろうが、評価は次戦以降にした方がよい。

中山では芝・ダートの1200戦が組まれ、共に人気馬を駆った武藤騎手の明暗が、結果にも影響した。
武藤騎手だけではなく、減量騎手がほとんど仕事できなかったダート(牝)では、シュミノー騎手のゴールドタンバリンが好位抜け出しで快勝。ヘニーヒューズを信じればいいレースだった。
一方、スローの逃げに持ち込み、こちらは武藤騎手が制した芝の方は、Dジャニ牝駒のニシノアスカが押し切った。
ニシノラッシュの下で成長力が怪しいものの、小柄な割にパワーはありそう。

阪神ダート1400戦は、武豊騎手の全盛期によく見せた測ったような差し切りでメイショウイサナが勝ち上がった。
メイショウボーラーなので、決め手があると思わない方がいい。

注目馬多し、日曜新馬。1番人気馬がとにかく強かった。
阪1600 アンコールプリュ<ディープ×オイスターチケット>・好位から馬群を捌いて抜け出しは、価値あり。
中京1400 ミッキーワイルド<ロードカナロア×ワイルドラズベリー>・単純に強い。母系も重々しい配合ではなく、軽快なスピードが肉体の充実と比例する晩成型か。

中山は2頭とも牝馬。
ダ1800 メジャーラプソディ<ゴールドアリュール×キャッチータイトル>・逃げ切り楽勝も、芝適性も秘めるスピード型。もしかすると長かったか、手応えの割に最後は人気勢に追い詰められた。課題多しはむしろ歓迎の配合。
2000 エリスライト<マリアライト全妹>・この日再注目馬。道中の運びから、直線の反応の良さを含め、世代のトップホースという評価が相応しい才女。完成は姉より断然早く、キレがある。
目方は似たようなものだが、焦らず仕上げていけば、秋以降は大きなものを確実に狙える器。

 

タグ :       

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方