2017年中日新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

中日新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

意外といい位置を取れて、意外とクリスチャンは早く仕掛けて…。

それでも完勝だったということは、メートルダールの本来の力をもってすれば、こんなに勝ちやすい競馬はなかったのだろう。

前を行くミッキーロケットは、実績断然ながら、57.5はちょっと厳しい斤量。

自分の競馬の形というより、そもそも勝負所でモタモタするようなところのある馬だから、2馬身ほど後ろにつけられたのがメートルダールという決め手のある差しタイプという時点で、勝負の結果は見えていた。

それでもしっかり最後は伸びてきて2着。

左回りの中距離専門の勝ち馬に対し、距離はある程度こなせるけれども、どこでやっても煮え切らないところがあるミッキーロケットは、相手のレベルに関係なく、こういう結果が多い。

18戦目にして、これが6度目の2着となってしまった。

メートルダールはほぼ完璧なレース運びだったから、その前後に有力馬がいれば、必ず好走はできたはず。

しかし、彼の後ろにつけるしかなかった立ち遅れのマウントロブソンは、雨馬場にもなってくれず、差は詰めてきたものの、差し比べで相手になるほど器用さは備えていない。

残念ながら、広い馬場で競り合いに持ち込むには、もっと先行力をつけないといけない。

もっと逃げるかと思ったが、相手関係が軽かったので、普通のスロー逃げに持ち込んだ横山騎手のロードヴァンドールは、春の金鯱賞でも逃げ粘っているように、平均ペース型の中距離馬。

名手が卒なく乗って、しっかりと持ち味を活かしてあげれば、一発狙いのハンディキャップホースには競り負けない。

ただ、勝ち馬が本当はもっと上を目指せる馬だったから、スケール感で見劣った分の3着。

でも、もっと上をという意味で、注目度はより高かったリゲルSで3歳馬ばかりが目立っていたのに対して、もうちょっと彼らにも派手さが身についてくるといいのだが。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方