2017年 ターコイズS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ターコイズS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

直前のダートの準オープンでキレ味自慢の短距離型を、窮屈な1800戦に教育を兼ねて挑ませて、その上勝ってしまうという天衣無縫ぶりを遺憾なく発揮していた横山典弘騎手が、関東のベテランらしい強かなレース運びで、こちらは末脚自慢の姫君を馬群の真っ只中に誘い、究極のキレを最後の100Mで使わせる美技を繰り出し、それに応えたミスパンテールが、初重賞制覇を果たした。

スタートの立ち遅れがあまりにも大きすぎたワンブレスアウェイ以外、おしくらまんじゅうの馬込みの中であろうと、その前後につけようと、誰にでもチャンスのある競馬になったが、勝負所で内の方で、しっかりと脚を溜めることができたフロンテアクイーンの北村宏司騎手の追い出しのタイミングを見て、その後ろを追い上げるか、わずかなスペースを外に求めるかの選択を見事に勝機に繋げたあたりは、さすが地元の騎手であり、名手である。

当のミスパンテールは、前走地味に京都の出世レース・清水Sを競り勝ち、その時結果的に酒井騎手が仕込むことになった馬込みから抜け出し競馬を、今回は全行程で敢行し、新たな自分に出会うことになった。

四位騎手が押したり引いたりと、テクニックを使って良さを引き出そうとしたが、この馬の場合は、基本形に何をプラスさせたらいいのかというテーマが正解だったようだ。

ラビットランも似たような雰囲気があるが、こちらはパンテールほど馬格もないし、ほぼディープインパクトというボディラインだから、中京や阪神の外回りがぴったりの馬なのだろう。

策を労しても、それがプラスになるタイプではない。

キャリアは少ないから、こちらは自分磨きの鍛錬の機会と考えたら、陣営も道を誤らないはずだ。

距離を延ばすべきではない。1400~1800で決めて勝負に徹するように、その才能をもっと引き出してほしい。

無駄に消耗させるのはご法度だ。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方