2018年フェアリーS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

フェアリーS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

 

スタートからトロワゼトワルは完全に流れに乗れず、後方追走決定。

最内枠で出ないと苦しいサヤカチャンも、何だかよくわからない中団のインで妙に折り合う状況で、外枠の人気勢にも決して歓迎ではない流れになってしまい…。

往々にして、オッズも実績も信用ならない3歳重賞らしく、割れたオッズが示す通りに、簡単な決着とはならなかった。

そういう謎多き、本当は当然なのかもしれない展開でも、しっかりと自分の持ち味を出し切ったのが、前走の決め手と負かした相手<テトラドラクマ>がその後爆発的な能力を発揮したことで、ここでも中心視されたプリモシーンと前日も重賞制覇のめでたい男・戸崎騎手であった。

中山の新馬戦で、アルテミスSでも人気になるトーセンブレスに木っ端微塵にされながら、次戦ではきっちり勝ち上がり。

最初のレースで上手に、人気馬に相応しい競馬で形を作ったことと、その時は渋馬場で良馬場歓迎のディープ産駒だから、前走の後続を大きく引き離す競馬のイメージは、そもそも鞍上になかったのが、今回は良かった。

戸崎騎手も乗ったメラグラーナと同じファストネットロックの血を持つ、この時期の牝馬にしては大きな体をしたプリモシーンは、鞍上のイメージ通り、スピード優先のマイラーであると再度証明することになった。

キャリア2戦以上で、ここが休み明けの馬というのは彼女だけ。

戦ってきた相手も強かった。

重賞経験が後塵を拝しつつ、最後は前に迫ったのだから、総合力で制したことになる。

いい馬のまたしても登場は、関東馬ということでバランス上でも歓迎だ。

筆者の裏本命のレッドベルローズは、やけに目立った東京マイル快勝組の流れに乗って、しっかりと見せ場を作った。

ただ、予想通りというか、坂からの伸びは少々物足りなかった。

中4週の東京で結果を出せなければ、一時充電が賢明だろう。

 

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方