2018年京成杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京成杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

パドックから少々気が逸っていたデルタバローズは、体重増の不安ではなく、レーススタートの時刻が迫るにつれて、ドンドンやる気が出てきてしまい…。

パドックから返し馬まで見届けたファンが、彼に票を投ずるはずもなく、3番人気でのレースになった。

そして、坂で止まってしまった…。

勝ったジェネラーネウーノは、コスモイグナーツが東スポ杯ほどの逃げではないにせよ、クラシック選考レースとすべく、ある意味賞金稼ぎを目論んでGⅠを回避したようなところがあるから、然るべき流れを作り出したことで、デルタほどではないにせよ休み明け2連勝でこちらもテンション高めの状態だったから、大外枠の発走の不利もなければ、リズムを崩すようなところも一切なく、見事に2番手から抜け出してしまった。

スピード型の配合であったデルタが、初の中山で、急坂を苦にする可能性は十分あったから、ほぼ2頭に絞られた4角での手応えから、相手の想定内の失速で、もう危なげのないレース内容で、ここでは総合力が一枚違った印象。

逆に言うと、前走であれだけ追い詰められていたことを考えたら、成長したということではなく、相手関係が…、という可能性も匂わせたゴールシーンであった。

母ミクロコスモスに、この時期散々してやられた嫌な思い出があるため、コズミックフォースのやっぱりの後方待機は、騎手の考え方としては正しいけれども、これなら届かないだろうなと思って見ていた。

しかし、前述の流れ、ダブルシャープ辺りも動きが思わしくないとなれば、今の戸崎騎手がヘグることはまずあり得ない。

キャリア3戦目。小ずるい勝ち方もすでにマスターしつつあるこのグッドルッキングホースは、時計を着実に詰めている点で、本番もしっかりと流れる可能性がある状況は、かつてのシックスセンスのような期待を持たせるところもある。

若葉Sに回ったりすれば、それ以外にもトライアンフマーチなどの決め打ち型の好走例だってあるくらいだから、もうひと踏ん張りして、出走権を勝ち取りたい。

それを思うと、ジェネラーレウーノという馬は、田辺騎手がどうもその全容を掴み切れていないスクリーンヒーロー産駒、ロックオブジブラルタル×ストームキャットという母の配合で、どういう隠れた性質があるのか、さっぱりわからない面がある。

ここで堂々人気に推されて、しっかりとした内容のレースで、ほぼ古馬GⅠへの出走まで3歳時には可能な賞金を勝ち取っている。

だからって、本当は2000Mじゃなくて、モーリスのようにマイルが得意な可能性は母父からも考えられなくもないし、ストームキャットが入っているなら、プロトコルも同父でダートの活躍馬である。

父のスクリーンヒーローが、まさかジャパンCを勝つなんて…、という大出世を遂げるとは、穴快走のラジオNIKKEI賞2着時には誰も思いもしなかった。

ルーカスが東スポ杯で2着する根拠は何となく掴めても、このジェネラーレウーノという才能は、いつまで経っても謎多き存在になるかもしれない。

これで3連勝。タフさで2歳GⅠ組にスタミナ勝負挑める強みを備えつつ、実は、古馬になってルヴァンスレーヴとフェブラリーSで競り合っている構図も信じ難くない馬が、このハイレベル世代だからこそ誕生しそうな予感がある。

レベルが低そう…、などと高を括っていた筆者を驚かせてくれた彼のことを、ずっと面白い存在として受け入れるつもりだ。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方