2018年日経新春杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

日経新春杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

マイスタイルを行かせてからというもの、基本先行型のロードヴァンドールでもかなり平凡な逃げで押し切りを図った横山騎手。が、この相手関係で、ガツガツ追い詰めてくるような実力馬もそう多くない。

策は決まったかのように思えたが、直線半ばでそれに待ったをかけるコンビが登場し、東西とも、平穏な決着に終わった。

逃げたヴァンドールを好位のインでマークし、徐々にペースアップを図った坂の下りで、他があまりのスローで追い上げていく中、見事に脚を溜め、そこから使える限りの末脚を遺憾なく発揮し、ゴール寸前ながら、脚勢断然の手応えで差し切って見せたのが、人気の上がり馬・パフォーマプロミスと今年も早速メインを制したミルコ・デムーロ、その人馬であった。

前走の中山の内容は、確かに上々のものであったから、スタミナ不安の馬も多く、また勢いに乗っていたはずの4歳馬がここにいない状況。

デビューから3連勝、といっても3歳秋からの記録で、何度もくじけそうになりながら、ステイゴールドらしい長期に亘る一定以上のパフォーマンスのキープ力で、ついに重賞馬にまで育てたのが、ちょっと上の条件で最近大人しなかった藤原英昭調教師だった。

この辺も、いかにも展開。

前走同レースで2着のカラビナが、今度は2kgもらいで逆転もあるかと思っていたが、どうも人馬とも流れを掴めず、勝負所で失速。

これも同父ステイゴールド。

ディープは大威張りのレースではないから、モンドインテロの定番化した案外の不発は想定内ながら、直仔・ナカヤマフェスタの秘蔵っ子たるガンコも頑張っていたし、キャラ的には一族を代表してベルーフも参戦していた。

パフォーマプロミスの課題。

6歳という年齢は、キャリアの少なさを考慮すると大きな足かせではない。

ただ、未経験の58と重賞での57など斤量面の不安はある。

56をこなしたあとの戦いが、本当の勝負だ。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方