2018年きさらぎ賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

きさらぎ賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

ミルコの勘は正しかったが、あまりにも情けない後続勢、結果的に、自分の後ろに置くことになった人気のもう2頭が、簡単に崩れてしまったことが、大いなる激走の要因に繋がったはずで…。

ダノンマジェスティの不穏な様子は、前走を見返すまでもなく、輪乗りの段階でもはっきりと危険信号が灯っていた状況だったから、あの最終コーナーを回り切れない感じは、道中下げすぎというか、行かせてしまうとどうなってしまうかあまりにも不安だった松若騎手の乗り替わりの立場が、最悪の展開を作ってしまったところがある。

どの馬もやや不安な要素は抱えていた。

カツジに期待したが、プラス体重の問題というより、内でじっとしていないと末が甘くなるタイプなのか、前走で直線で外に少し逃避したのとは違う理由で、今回は見せ場を作れなかった印象。

結局、レースとするとそれらディープ軍団を封じ込め、当レース史上初の2戦2勝馬となったサトノフェイバーの逃げ切り勝ちに終わった。

追い詰めるも、なかなか差し切れずのグローリーヴェイズは、前走の最後の伸び脚に色々な期待があり、新馬戦は中山で逃げ切り。

ところが、ここ2戦外に出かけると、鞍上の意思も多少あるにしても、少々気ムラな面のあるアマゾンウォリアー系の悪い面が出てきたのか、最初がやけに遅いスタートになってしまう傾向がはっきりと出てきた。

それではまずいと途中から追い上げたのだが…。

サトノフェイバーはゼンノロブロイの産駒ということもあって、やや取っつきにくい馬場状態での粘り込みの展開は、恐らく大歓迎だったはずだ。

南北米血統の混在系は、サンデー孫世代の特注配合。

その意味では、メジャーエンブレムの先行力なのか、マカヒキの決め手なのか、そういうはっきりとした武器がない印象もある。

父の名を上げる意味でも、こんなところで大喜びしていてはいけない。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方