2018年共同通信杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

共同通信杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

筆者の思惑通り、好位のいいポジションから、思ったより動けたディープ・サトノソルタスを差し置いて、オウケンムーンが北村騎手の見事な追い出しのタイミングに完璧に応え、直線で素晴らしい決め手を見せつけてくれた。

一方、思ったより流れないはず…、とどこか祈る気持ちでコスモイグナーツの逃げを見ながら、そのまま行き過ぎないでくれ、と思っていたら平均より気持ち緩いくらいの流れ。

武豊騎手が、内残り、速くないペース等、その前までの流れを敏感に捉えないはずがない。

いい頃の感覚が戻っているはずの名手は、連勝中のここでは唯一の重賞馬を駆って、直線はできるだけいいところから追い出そうと早めに進出するも、これがハーツクライ、ということなのか。

いくらか成長曲線が、他のサンデー系の種牡馬より遅くなりがちな系統で、この器用さも同時に求められる展開で、最後はギブアップ状態の掲示板外しだった。

お父さんの背中もよく知る鞍上だけに、同父のリスグラシューの成長も思い出しつつ、ここは納得するしかないだろう。

兄ロジチャリスも、父ダイワメジャー譲りの雄大すぎる体を持て余し、昨年ようやく重賞馬になれたような馬。

こちらは筆者の考えていた以上の大敗だったが、京都で負かしたタイムフライヤーの方がよっぽど、この血筋には似合わない才能だったのだろうと、今にして思うと、ちょっと買い被りすぎていたと自身でも反省である。

ムーアは戻っている。

最近秋はパッとしないし、昨年の冬も今一つだったが、今回の秋冬シーズンは乗れている。

不良馬場の東京で2000M並みのタイムで1800新馬を勝っていた馬が、今回のパートナーであったサトノソルタス。

大きすぎず、だからといって、ディープのともすると死角になりそうなひ弱さは、この馬にはない。

母アイランドファッションは、安田記念にも出てきたアメリカの活躍馬。著名な種牡馬が多くないことは、返って、大種牡馬とのクロスがかけやすく、それが邪魔にならないことを証明するように、主だったクロスはノーザンダンサーの薄めのインブリードに限られる。

父ディープの力の見せ所。

前走では肉弾戦をミルコと一緒に乗り切った印象だが、今回はムーアとともに、上を目指して戦っていこうという馬込みからの抜け出し。

里見オーナーの馬とすれば、1億切りの落札額は目立った存在ではないが、思われているよりも、新馬戦を経てからほぼ反抗不可能なオートマチック休養の期間を最小限に止め、計画的に仕上げてきて、オープン馬はみんな負かしたのである。

1戦馬はリアルスティールしか勝っていない。

十分な健闘であり、陣営の手腕は絶賛に値する。

この日は、一頭強すぎる馬がいた。

その彼、オウケンムーン。

父の名に目を惹かれると、ハーツクライではないが、お世辞にも超出世レースで買いたい馬ではないのだが、なんだか4、5歳でローカル重賞を快勝しそうな配合でありながら、サンデー系の馬を相手に、これまで全てで上がり1位。

思惑通りというのは、サトノソルタス以外が、そんな彼に挑めるだけの決め手があるか疑問だったから。

ソルタスとて、反動は気になったから検討の中では切りである。

直線の決め手比べでは全く負けていなかったが、ついに上がりが4位以下になった。

同時に、1位の馬と0.3秒差である。

案外、この手の馬は中山が合う。不気味な伏兵の登場は、ディーマジェスティの快勝した一昨年の構図と、どことなく雰囲気が似てきた。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方