2018年京都記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京都記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

出遅れたり、動いて行ってしまったり、内に入っていたり、伏兵が台頭したり。

クリンチャーは直前抜群の調教を行えたことで、直線は菊花賞の時に見せたファイトを、再び見せることはできた。

4歳馬は危ういのか。正解かもしれないが、レイデオロ以外はそれなりの形作りはできたはずだ。

アルアインの後ろにつけるのはバルジュー騎手にとっては、ちょっと思惑通りではなかった。

おまけに、ナーバスになっていたわけではないが、ルメール騎手がずっと気を付けて危ない面を出さないように乗っていたところを、あまりに遅いので動かしていくと、全く馬が言うことを聞かなくなってしまった。

直線は、ディアドラを除く4歳ステークスウイナーによる叩き合いになった。

いつの間にか、いや、勝つならこれしかないと、道中からあまりやる気を出していなかったモズを駆ったデムーロ騎手はイン強襲。

あわやの手応えで上がってきたが、この日は完全に外差し馬場。

スローとはいえ、ヨーイドンでラチ沿いは不利。これはこれでまあ、牡馬一線級相手の戦いでは合格点だろう。

宝塚の頃にこの馬場なら、結構怖い。

さて、クリンチャーの勝因だが、一緒に出負けしてしまった人気2頭に加え、スピードが持ち味のアルアインは少頭数ながら、バイアスの掛かった馬場で大外枠。

勝ち味に遅い馬ではないが、特別、この手の馬場が合うわけではない。

都合、その他が力を出し切れずで台頭のオチである。

別にクリンチャーが大した馬ではないと言っているわけでなく、近年、メンバーが集まる割に、この時期の道悪競馬ということで、かなり調子が狂ってしまうような馬も出てこないわけではない。

その中で力を見せつける馬が、絶対王者であるとも言い切れないのだから、評価が煮え切らなくなってしまうのも致し方ない。

レースにならなかったレイデオロや香港大敗のキセキ以外は、自分の庭でこそ、という馬ばかりだ。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方