2018年京都牝馬S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京都牝馬S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

かなりのスローで前残り濃厚と思いきや、大幅プラスでまだ体調一歩だったスプリントGⅠ好走馬2頭は最後に伸びあぐねた。

道中は特別いい手応えという印象ではなかったミスパンテール。しっかりと大外を伸びて、快勝であった。

さすが強い4歳の牝馬世代である。

先々週、東京新聞杯で鮮やかに復活を果たしたリスグラシューを、同じ休み明けの身で、新馬を勝ったばかりだったのにゴール前で差し切って2着は1年前のこと。

最近、やけに横山騎手がお気に入りの昆調教師が、実は本当に勝ちたかったのはこのレースだった、というくらいの漲るような気配で、前走異常な決め手で一気にここでも優勝候補に名を挙げたデアレガーロ等を、しっかりとねじ伏せた。

ターコイズSは、馬込みからの抜け出しながら、ミスパンテールの持つキレを最大限引き出すような、究極の遅仕掛けで混戦を制していたから、陣営としても、少し距離を求めすぎたことを反省して、ローズS以降はマイル戦に限定し、今回は初めての1400M戦。

この結果、桜花賞を除く1600M以下の距離では【4100】となり、良馬場で馬体重500kg以上と絞ると、あまり意味はないにしても、4戦不敗とした。

思えば、父はダイワメジャーであり、近親にウメノファイバーがいる血筋。

このフラストレート系は、ウメノファイバー然り、アジュディミツオーもいたり、古くはトウメイやミナガワマンナが出ている系統だから、これが本筋ということはないにしても、長く日本に根付いた系統だけに、常にマイナーチェンジを繰り返しているのだ。

因みに、2着デアレガーロには凱旋門賞連覇のアレッジドの4×3が掛かっている。

3着エスティタートは、グランプリ春秋連覇のドリームジャーニーとトニービンの掛け合わせ。

軽い血統からは、所詮、重厚なスピード馬は生まれない。時計が遅いことも、今後の出世に大いにプラスと出るような気がした。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方