2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<3/3・4>

読了までの目安時間:約 3分

 

3月最初の開催から、ダートオンリーの番組になり、施行数も激減の新馬戦。

ところが、妙にいい競馬をしてアピールする馬が勝ち上がり、世代の層の厚さを垣間見たのが土曜の2鞍。

午前中に中山、阪神は午後一番手にそれぞれ新馬戦が行われた。

中山のスプリント戦は、週中の嵐の影響で稍重馬場。

その走りやすい馬場状態を利して、人気のプロミネンスがあっさりの逃げ切りを決めた。

ヒシアマゾン一族のアイルハヴアナザー牝駒で、もう無視できない存在となってきた2kgもらいの武藤騎手が騎乗。

人気に応えられたのだから…、という捉え方で今後も期待したい人馬だ。

阪神の1800は、人気馬が上位を占めたが、終始、スムーズなレース運びで好位抜け出しという上等な勝ち方を見せたヒラボクラターシュが、何だか大人びて見えた。

彼より人気になった組は、まだ経験をしてからでないと戦えないような内容で力を余した印象も、勝ち馬はキンシャサノキセキだからなのか、位置取り争いに全く無駄な動きがなかった。

鞍上の巧さもさることながら、パワー型の血がうまく交じり合った配合に、能力の非凡さが隠されている気もする。

リボーの血を3本持った底力型。

しかし、日曜の2戦はその他のレースの雰囲気にのまれるような格好で、一転して波乱の決着となった。

良馬場に戻った中山の1800戦は、5F67秒台に迫るスローながら、江田照スペシャルの穴逃げがハマり、レオアルティメットが勝利した。

人気になるだけの確たる理由があるというほど、抜けた評価を受けた馬はいなかったのは事実だが、サウスヴィグラスの大型馬が1800戦で逃げ切り勝ちする理由は、推して知るべし状況と言える。

阪神1400も、先に抜け出したのが6番人気で、その後から5、11番人気が併せ馬で迫るという結果。

好位抜け出しのグッドワードが勝った。クロフネ産駒。

大型の牝馬で、グレイスティアラの近親というキャラまで考慮したら、評価は低かったと言えるが、人気の先行馬が12-12のラップで失速ではちょっと情けない。

レースの上がりややや平凡すぎるのも残念。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方