2018年フィリーズレビュー レース回顧

JUST競馬予想ブログ

フィリーズレビュー -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

直前の金鯱賞とは違い、何を根拠に本命にしたらいいのか迷う18頭の争いとなったこちらは、とてもスリリングな攻防となったゴールシーンにも反映される、大変な混戦となった。

ラブカンプー辺りが行けそうで、それなりについて行って、あとはどれだけやれるかという流れに期待しながら、内枠の本命馬・アンヴァルに目をやると、カラ馬の前だったからいいものの、スタートからピリッとしない手応えで、3、4角の追撃態勢は悪くなかったが、内から厳しい展開を追い上げるような競馬まではできず、直線も狭いところをついてなんとか掲示板に載るので精一杯。

即ち、このレースは、人気勢の中でいち早く抜け出しを図ったデルニエオールのようなにスムーズな競馬をした者と、競馬の常道である、最も仕掛けを我慢できた好位から中団の組の外へ持ち出した組との対決になったのだ。

ゴール前抜け出してきたのは、伏兵のリバティハイツ。

思えば、それはキングカメハメハ産駒であり、前記デルニエオールやアンヴァルの次に入線したギンコイエレジーらともいい勝負をしていた馬。

ここまでずっと1番人気で、暮れのデビューで…。

要するに、持ち時計の一気の更新が可能だったフレッシュグループの中では、最も可能性のあった馬が、この差しタイプのリバティハイツだったというわけだ。

しかし、見るからに10回やれば…、という組み合わせは、よく見てきたフィリーズレビューの構図。

勝ち馬にはルメール、ミルコが乗った時に惜敗で、この日も跨った北村友一騎手で勝っているというアドヴァンテージがあった。

他の馬は、そういうトップ騎手が乗っている時は確実に結果を出しておいて、ここではどさくさ紛れでも何とか運が向けばいい、というガラガラポン的狙いはあった面も多分にある。

上位人気馬はもれなくそういう傾向だった。

いざやってみて、意外とキレが安定している感じだったのが勝ち馬のリバティハイツで、デルニエオールや最後かなり際どく詰めてきたアンコールプリュなどは、マイルが合っている可能性と同時に、スケール感では上の兄弟には見劣るし…、となって、混戦の桜花賞の時にはよくある、掲示板外しの惜敗組の脚が気になるといった雰囲気になってきた。

もしもがあるなら、2勝馬ではアルモニカの抽選を勝ち抜いた運でスローの好位付けからの激走。

将来性では、ロードカナロア産駒2頭で、一方は前が詰まって本来のいい脚は使えなかったアンヴァルと前にカラ馬がいて、安全運転でも猛然と最後は外々を上がってきたレッドシャーロットが有力も、どれもちょっとすぐ後に頑張れそうなアマゾネスという武骨さまでは見出せなかった。

それはアネモネSでお行儀よく権利を得た2頭にも言える。そうじゃないよな…、というのが、穴党の本音だろう。

金鯱賞に関しては、正直、あの出来の差で、ゴール前の脚を見たら、断然ダイヤモンドの方が能力上位に思えた。

無論、精神面や体調面での補正は、多頭数になった時はしっかりしないといけないのは承知で、スワーヴの無難な競馬より、何もできていないのに沈むどこから最後に走ろうしたダイヤモンドには、少し感服した。

中身は大したことはないが、いずれ、復活する可能性を感じる。

スワーヴはその点、いい競馬をさせようとすると、まだ粗忽な面を秘めている。

もうワンパンチ欲しい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方