2018年牝馬クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<3/10・11>(牝馬クラシック展望)

読了までの目安時間:約 3分

 

三寒四温プラス大雨。列島はすでに春が始まったような気配。

色々と馬場状態に気を使わないといけない状況は、3月の風物詩だが、最近はそれがとても振れ幅が大きいために、簡単に予想がつかない。

それがそのままトライアルシーズンと重なるため、ファンの悩みは増大する。

新馬戦はもう2鞍のみ。日本のダートに雨が迷惑という作りの馬場はない。

気分良くして独走したのは、土曜の阪神1800圧勝だったキンカメ×リビアーモという配合のマグナレガーロ。

凄みを感じさせる名前同様、直線に入ってから、ずっと追いかけてきた伏兵を引き剥がしてからの圧勝だから、見た目以上に強い内容。

まあ、1:52.6を字面通りに受け取ることはできないが、普通にオープン級のスケール感を秘める。

日曜中山同距離、馬場は稍重の競馬を制したのは、人気のシールート。

ただ、土曜の勝ち馬と違うのは、こちらは途中までモタモタしながら、伏兵の向こう流し進出のタイミングでつられて動いて行ってしまったタイミングが13秒台のラップが連続するところだったことが、結果楽勝に繋がった面があるという点か。

直線では全く手応えが違ったが、ちょっとハードスパンのスピードが勝っている面はある。成長力があれば、大物になれるのだが。

さて、トライアル分析とフラワーC展望を兼ねた追記の方だが、ハイペースすぎるのとスローからの抜け出しで簡単な競馬をし過ぎたことで、桜花賞を展望するのに必要なスキルのようなものは、今週のトライアルからは汲み取れなかった。

強いて挙げるなら、ハーレムラインがスカーレットインク系で注目というくらいで、FRのアンコールプリュが素晴らしい追い上げでも、最後は少し伸びきれなかったのは、その前の出遅れのリカバリーが完璧だったからと考えると、ちょっとどちらも苦しい。

それなら、フラワーCから始動のロックディスタウンを巡る争いで、それを負かすか彼女自身が立ち直ったことを示してくれるような結果となれば、春の展望はしやすい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方