2018年フラワーC レース回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

フラワーC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

直前の2レースが、共に、上位人気馬の悲惨な負けっぷりでどんよりしていたのだが、その極めつけがフラワーCでは能力最上位の評価を受けていたロックディスタウン。

一度も折り合わないというのは、レイデオロもそうだったが、変な空気が藤沢厩舎に伝播しているのだろうか…。

超スローながら、それほどまでに力を出せない展開にはならず、好位を見る中団位置でしっかり折り合いをつけたカンタービレやその次の人気だったトーセンブレスがしっかりと自分の持ち味を活かし切り、直線では一騎打ち。

ディープだから、力のある牝馬だから、その上順調な仕上がりだったのもあるだろうが、ロックとは何から何まで違った印象。

まあ、一番上が歴史的名馬クラスのこの世代にあって、この程度…、というと失礼かもしれないが、卒なく勝てる馬がどこまで通用するのか。

2頭とも、マイルベースという戦績の馬で、線も細く…。

現状はトライアルでどこまでという、秋以降に期待のタレントとみる。

賞金加算はできなかったが、今年のハービンジャー代表馬・ノームコアは瞬発力勝負で見劣ったものの、こういう雰囲気が昨年のディアドラとよく被る。

プラス体重にマイナス面はなく、むしろ、半年使えなかった足かせがとれることで、今後の成長ではこの馬がピカイチかもしれない。

さて、ロックについてなのだが。

騎手としては、父オルフェーヴルの再現を図り、気合の入りそうなポイントを探りつつの追走で、直線の伸びを逆算した、態と怒らせる作戦であったように映ったのだが、レース後に感じたことは、これは牝馬であり、単に折り合い重視に行って失敗しただけということの原因が、フィジカル面ではないことが明らかになったと、今回は断言せねばならない。

全力を出すべきポイントに至る前で、走る気がなくなっている。

この手の馬は、一度でも逃げさせるともう抑えが利かなくなる。

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方