2018年マイラーズC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

マイラーズC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

 

想定されたペースを考えたら、モズアスコットに乗ったルメール騎手の判断に誤りはなかったはずだ。

ただ、こういう競馬をやったことにない馬が、レコード決着に持ち込むときには、無傷であるとか少なくとも連勝中であるとか、もちろん、キャリアの面で他のライバルより上でないといけないという要素が加わった条件ではないと、案外苦しいものだ。

最後はちょっと伸びきれなかったか。いや、よく頑張っているとすべきだろう。

初めて、オープンのかなりのレベルの競馬を自分で作っていっての2着なのだから。

納得の結果だったように思う。

そういう展開で、これまで上々の青春取り戻し作戦を遂行していたロジクライが、自分の持ち味を出そうとして、そういう形には持ち込んでいる。

差し馬人気ながら、エアスピネルに極限の決め手があるわけではない。

ベテランの伏兵も多く、あと勝負になりそうだったのは、ダッシングブレイズとサングレーザー。

ただし、ダッシングブレイズが今年は詰めて使えている分、いい頃の大物感溢れる走りには程遠い状況で、これも勝負には加われず。

1400ベースのディープ的差し脚をこれまで追求してきた福永騎手のサングレーザーが、最後は凄まじい決め手で前を呑み込み、見事に重賞2勝目を挙げることになった。

口惜しくてたまらないだろう福永騎手が、前日の東京では元気になって、しっかりと結果を残した。

馬にしても、本来使うべきレースをいくつもパスして、恐らくは、この春は最初から安田記念一本に絞ったローテで行こうと決めていたように、秋には使い込んだ分をしっかりとと立て直し、フレッシュな状態で好メンバーを打ち負かしたのだ。

レコード決着に関しては、最近の天候の影響もあるのだろうから、真に受ける必要はないか。

この手の勝負は、1400得意の勝ち馬には向いたのだろうけど、いい武器を持っている馬である。

 

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方