2018年平安S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

平安S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

たまに元気なところを見せるミルコ・デムーロ騎手のサンランズソアの逃げ切り勝ち。

途中から前走のアンタレスSワンツーの2頭が仕掛けていくものの、1900Mの競馬は誰でも自分の位置が取れるからこそ実績馬に有利な舞台であるから、ある意味、グレイトパールもその形に持ち込んでは苦しい。

休み明けの馬体が絞れるどころか、再びの8kg増では、前走と似たような馬場状態から早仕掛けをしたとしても、なかなか苦しい。

アンタレスSとの連勝は難しく、かつては無敵状態に入りつつあったゴルトブリッツも、間借りでGⅡとして開催された東海Sで完敗を喫している。

その反面、実は穴狙いの軸はクイーンマンボがいいのでは?という評価を受けていた彼女の正攻法での追撃は、人気2頭より見せ場十分だった。

時計平凡も先行型と差し馬の組み合わせで決着するパターンばかりのこのレースらしく、安定の差し損ねでクインズサターンが迫ったところを辛くも凌いだ彼女は、秋の京都だけではなく、帝王賞においてもキーホースになっていきそうな気配。

一方、逃げたサンランズソアを行かせたような感じもあったテイエムジンソクは、気配がまずまずだった割に、直線での伸びは今一つ。

軽いレースになりすぎたのも、道中では久しくなかった揉まれる位置取りも影響したのだろうが、サンランズソアと位置取りが逆でも悪くなかったから、斤量面の不利を含め、本気での勝負はするつもりはなかったのかもしれない。

さて、前走があまりにも無残な負け方だったサンランズソアだが、惜敗が多かった昨年と比べると、名古屋での巧みな先行も自信にして、1900M戦では2戦2勝とした。

逃げ馬のイメージがなかったこの馬だが、鞍上のキャラと同化しながら、今後も怪しい面を備えつつ、シンボリクリスエス×スペシャルウィーク×ビハインドザマスクらしい成長力を今後も示していくのだろう。

何せ、まだ4歳馬である。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方