2018年エプソムC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

エプソムC -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

結果的に見ても、道中の情けないダイワキャグニーの動き一つとったところで、思い切って差す形を変えようがないサトノアーサーの方が、競馬はやりやすかったということだろう。

想像以上に悪化した馬場に加え、日曜日になると、やや異常なほどに外差しバイアスがかかっていた。

重賞での重馬場の経験もあるサトノアーサーは、勝ったこともある重馬場が苦手だとしても、こなせないわけではないことは証明していた。

同時に、4歳馬天国のこのレースに、やたらと上がり目のあるフレッシュ古馬がいたことで、狙いをそちらに転じたファンも多かったが、結果として、道悪の中にも様々な適性があるといっても、アドマイヤムーン産駒のハクサンルドルフには関係なく、その適性だけで自慢の決め手を発揮したわけだから、この馬だけが、まともに走った古馬。

しかし、サトノアーサーにしては自分のイメージ以上の競馬ができたことで、伏兵陣の出番は期待値の割には大きく膨らむ直線にはならず、大本命惨敗の中で、軸馬は当然のように4歳という傾向は、今年もしっかりと踏襲される平穏な決着になった。

最初から強かったサトノアーサーは、良馬場で置かれるだけではなく、道悪実質初挑戦のきさらぎ賞での完敗2着を機に、何だか扱いにくい馬になっていった。

かくいう筆者も、2歳時から目立つ好馬体に目を惹かれた彼のファンなのだが、以後、全く冴えない置かれるだけのディープという切ない内容の結果の連続と、その割に、彼の前で入線する馬がだいたい世代のトップホースというギャップにより、大勢のファン同様、隔靴搔痒の気分に苛まれ続けた。

思えば、道悪で結果を出した冬の洛陽Sにしても、ムーア騎手が測ったような差し切り勝ちで、この時は、超安定勢力に育ったグァンチャーレを競り落としただけで、モタモタ感も全く解消されていなかった。

前走も休み明けとはいえ、特段、高速の上がりになったレースではないのに、いつも差し損ねの3着。

このままでは…、と思ってしまうのも仕方がない状況であった。

ところが、3週間して馬場が大きく変質した今回、大本命だったはずのダイワキャグニーが、自慢の機動力も決め手も、最初の200Mくらいでエネルギーを全て奪われるような、ちょっと前に起こったマチカネキララショックを彷彿とされる残念なレースぶりに終わったのとはまるで対照的に、母リダウツチョイス×ヌレイエフ×マニラ×リヴァーマンという、配合だけは道悪巧者のバックボーンを味方につけるようにして、対抗馬・サトノアーサーが、今度は自分が主役になって、堂々の正攻法で勝ち切ったわけだ。

思ったのだが、こういうことは馬場がどうこうというより、時計が遅くなれば当然起こり得る話で、例えば、春の天皇賞などが、昨年と今年でシュヴァルグラン以外まるで質の違う馬が来たように、時計や展開が下の状態も含めて、大きく違ったものになることで、各馬の本質的な適性が、よりクローズアップされるような面があるのだろうと考えられるのである。

走り方からして、まるでお呼びではないという感じのサトノアーサーは、1600、1800における持ち時計はまるで平凡なものしかない。

機動力もあるダイワキャグニーには、スローの瞬発力勝負に対応できる自在性がある一方、ダービーでの結果や重賞成績にも反映されるように、手先の軽い走りでこなせる条件への適性があまりにもあった死角も、実は、皆がわかる範囲で明示されていたのだ。

それらの適性の差が、こういうタフなコンディションでははっきりとした違いとして現れる。

その意味で、互いの魅力的な能力をどちらが先に手に入れるかで、今後は変化していくことだろう。

あまり、高望みできそうな感じもしないのも事実だが…。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方