2018年マーメイドS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

マーメイドS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

トーセンビクトリーの浜中騎手が、しれっとというか、策を考えるまでもなく、スローの逃げに出たように見えたから、これはうまいことハマったなと思って見ていたのだが、そんなに甘くない、超波乱が通常のマーメイドS。

まさか、外差しの印象が強いアンドリエッテがインを強襲し、伏兵陣を代表して、本当は雨が欲しかったはずの馬が、こうして激走するような展開になるとは…。

来そうな馬が来たというか、消えそうな馬は逃げたトップハンデのトーセンビクトリーを含め、みんな消えたレース。

思えば、アンドリエッテはチューリップ賞2着馬。

ワンブレスアウェイも、1年前までは連続連対を長く続けて、その後の飛躍が大いに期待された馬である。

おしくらまんじゅうのような勝負どころの争いから、スムーズに抜け出してきたアンドリエッテは、前走のパールSから斤量一気に4kg減の51。

雨が降っても、そうとはならなくても、この展開であれば、きっとこの馬が上位争いに加わっていただろうということが、何となく想像がつく、初めて目撃した彼女の勝負強さであった。

良馬場で行われた影響はあったとはいえ、1:59.1では、明らかに重賞としての質は高いとは言い難い。

しかし、自分の武器が自身のキャリアではなく、このような斤量面のアドヴァンテージだった時に、大きく動きが変わる馬もたまにいる。

中央場所という要素がそこに加わることで、単純に勢いに勝る条件戦好走馬にだけチャンスが現れない、こういった小難しい結果が頻発してしまうのがこのレースの特性。

ほとんど自分の競馬に終始して、力を出し切ったようなところもあるミエノサクシードや、1角までの位置取りがスムーズではなく惜しかったヴァフラームなどが、2馬身も前と離される力関係でもない。

コース取りは全てだったが、斤量の盲点は最大の取捨のポイントだということが、はっきり見えた一戦だった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方