2015 根岸S回顧

JUST競馬予想ブログ

根岸S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


先週と週中のGⅠ馬の勝ち方があまりに余裕があったために、この主要前哨戦はちょっと地味目のメンバー構成になってしまった面も否めないが、勝ったエアハリファは、明らかに普段よりも後ろのポジショニングになってしまって、前を交わすのに大分苦労してしまったが、充実一途のダート馬にとっては、あまり重大な失策とはならなかったようだ。

砂を被って揉まれる位置から、この路線の猛者と言えるような古豪を相手に、まだ青二才の6歳馬は、直線で彼らに挑戦状を叩きつけた。
外に持ち出して追い出しにかかると、そのすぐ外にはアドマイヤロイヤルと内田博幸という敵には回したくない評価落ちの番人がいた。
エアハリファが抜け出しを図り、わずかにワイドバッハの後塵を拝した武蔵野Sで突如目覚めたGⅠ馬・グレープブランデーが、今回はレースを作る役目に回った。
前年秋に勝負師として認知された北村宏司が先導する流れは、本来の形より無理に出していった程度の速さだったから、びっくりするようなスローではなかったものの決して速い流れではなかった。

これは…。ワイドバッハを駆る武豊とて、この流れがあまり希望していなかったはずだが、中京の1800でもある程度の格好をつけてくれたパートナーに対し、無理せず本来の追い込み位置につける選択をした。
坂を上り、そのワイドバッハが大外からエンジン全開になった瞬間、悠々と力強いギャロップで一頭抜け出したエアハリファは、人馬ともに念願であるGⅠ制覇に向け、違う目標を捉える段階に入ったことを示すような「GⅠの有力候補」たる姿をファンに見せつけていた。

重馬場で1:23.4はやや不満も、先述のドスローじゃない程度のスローペースの影響まで加味すれば、2着にしっかり入ってきたワイドバッハと上がりの差で0.2秒劣り、走破時計では反対に0.2秒勝った内容から、展開上の有利不利も含め、ほぼワイドバッハが届いていてもおかしくない競馬を快勝したエアハリファの方が、現状では力が上という結果だったように思う。

頭の争いもあるエアに、着候補として常にマークすべきワイドの末脚。
洗練されてきた人馬のリズムも考慮すると、エアハリファと三浦皇成のコンビネーションに今度こその夢を追い求めたくなるのも致し方のないところだろう。
中央のタイトルは、俺が獲る!意外性の候補から、狙える男へと成長を遂げた姿がそこにはあった。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方