2018年七夕賞 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

七夕賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


超ハイペースだったとはいえ、必ずしも素晴らしい状態とも思えなかったメドウラークがゴール前抜け出し、この展開を読んで狙ったファンも多かったマイネルサージュが外から、こういう時は内によくいる江田照男騎手の桁違いの伏兵・パワーポケットが3着。

これら全部買って当てるのは、正直、正気の沙汰ではない。

さすが、雨上がりの七夕賞の破壊力である。降参です。(笑)

母があのトゥザヴィクトリーの仔で、軌道に乗った4歳時に準オープン2勝を含む4連勝をしてたメドウラークではあるが、そんなのは競馬の世界では大分昔という雰囲気の3年前の春のことであり、どこで走るかも見えていないこの馬を押さえるだけでも大変。

そんな馬が近2走で高速決着のマイル戦を負けるのは当然であるとして、後付けでも何か変える材料はなかったと色々見ていったのだが、妙に気になる戦績として、昨年の京都の道悪で当然の穴快走ながら、3着3回を含む、4度のケース全てで掲示板に載っているという、何とも珍妙ながら、ああそういうことか、と妙に納得してしまう記録があった。

母は体質面の関係で、競走馬になることなく繁殖に上がってしまったから見えないものも多いが、配合とすると、

「クロフネ×トゥザヴィクトリー<父サンデーサイレンス>」

ああ、マデイラとオリオンザジャパンねえ…。

探せばあるある、実に関連性の深いデータの数々。

ある意味、これにも降参である。

丸田騎手はちょっと前の夏のスプリント戦線で活躍していた。

絶対的にローカルの騎手とは言えないものの、右回りの混戦模様の重賞でこれまで特大の万券を発生させてきた功績を考えると、最初の重賞制覇がこの舞台の福島記念で、終わったと思われていたダンスインザモアとのコンビで制した時だったのだから、いくらでも推せる材料はあった。

こんなこともあってか、斤量は54。

完全格下のパワーポケットの50とは、まるで評価は違う。

血統は似たようなものだが、この時期の2400MGⅠを快走している馬の仔同士で決まったのだから、2分超えの見えていたこのレースでは、もうこの答えも我々は用意しておかねばならなかったのかもしれない。

良回復でどんどん人気になったサーブルオールは、前走よりハードに走って同じ4着。

牝馬では決して軽いわけではないワンブレスアウェイも、適性で掲示板まで上がるも、いささかタフすぎるマイネルミラノの爆発的なハイペースに、ちょっとバランスを崩された格好だ。

見るからに体調不安のあったプラチナムバレットや今年こそのマイネスフロスト、大型牝馬のキンショーユキヒメなど、よくわからないけど夏は買いたくなる芦毛軍団も不発。

常識に囚われて買うくらいなら、予想しづらい要素満載だった今年の七夕賞は、今のことだけ集中して考えた方が、きっと正解に近づかけたのではと、今更ながら思う。

時計が速くなり過ぎていた七夕賞のイメージが、元に戻ったことは歓迎ではあるが。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方