2018年バーデンバーデンC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

バーデンバーデンC -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 


好調の夏馬同士の決着となったが、ゴールドクイーンの最後の伸びはちょっと不満が残る。

直線勝負は歓迎の洋芝要員だったタマモブリリアンが、最後の最後に前を行ったゴールドクイーンを差し切った。

偶に登場するダンスインザダークの短距離型は、結果的に函館を主戦場にする古川騎手のお手馬同士の決着で、いつもよりは時計の速い函館ではなく、いつもの感じになってきた福島という選択に妙味があったように思う。

ゴールドクイーンにとっては、恐らくは、夏のスプリントシリーズに向けた叩き台だったのだろうけど、何はともあれ、ゴールドクイーンは重賞馬だ。

51にオープン戦に出られることは、もう2度とない。

そういうところで競り負けてしまうと、上がり目がちょっと…、となってしまう懸念もある。

タマモブリリアンは毎年北海道に行って好結果を出し続けていた馬。

雨が降ってしまうと軽快な伸び脚が使えないが、この馬は得意とする速くなり過ぎない良馬場の1分8秒台の決着という注文に、今の外差し傾向の出ている福島はぴったりだった。

母のチャームダイヤも平坦巧者の短距離型。

もう少し速くなっても構わないという感じのゴールドクイーンにとって、スタートからしてやる気を感じられないタイセイプライドのあのアシストがあったわけだから、古馬に負けてしまったのはちょっと痛い。

もう少しパワフルさを身に着けられるかが、生き残りのポイントになるだろう。

直前の中京で圧勝したのは、函館記念快勝のエアアンセム同様、なかなか力を出し切れる状態にならなかった古馬・ラインルーフだった。

良馬場でレコードと0.2秒差。それも正攻法で叩き出したタイムは、価値がある。6歳世代はこれから、ダート戦線で狙い目か。



■ 10万馬券がコンスタントに当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。メールアドレスのみの無料登録で午前中のレース指数が永久的に閲覧可能だ。
※以下は午前中の的中例から抜粋。1着~3着入線馬の指数と3連単の的中配当。
※1着馬は指数1位~3位に限定し、買目を絞った。効率の良い買目の絞り方は下記ページ参照。

9/30 中山1R 3位⇒7位⇒1位で  40,590円的中
9/29 阪神6R 3位⇒5位⇒4位で 318,430円的中
9/29 阪神2R 2位⇒4位⇒8位で  35,270円的中
9/17 中山5R 1位⇒4位⇒5位で 111,200円的中
9/17 中山3R 1位⇒8位⇒6位で 268,690円的中
9/17 阪神5R 3位⇒2位⇒1位で  46,230円的中
9/16 阪神6R 3位⇒8位⇒1位で  68,100円的中
9/08 阪神5R 3位⇒6位⇒2位で  45,120円的中
9/02 札幌2R 3位⇒4位⇒1位で  80,030円的中
9/01 新潟6R 2位⇒8位⇒4位で  33,460円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方