2018年レパードS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

レパードS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


新潟のダート1800M戦は、ペース云々に関係なく、前に行った方が有利。

前半があまりにもゆったりすぎたグレートタイム、序盤ももっと勝ち馬についていけばよかったように見えたドンフォルティス。

両者、スムーズさを欠くこともこれまで多かった中で、前につけた伏兵にしてやられたというか、現状は1800重賞を戦い抜くスキルがまだ足りなかったという感じか。

ダートでは強気に乗ることも多い戸崎騎手のアドマイヤビクターも、馬込み入れることすらできない戦いでは、伏兵の競馬もできなかった。

皆、完敗である。

一応、ちゃんとしたステップでオープン特別、それも出世レースに数えられる青竜Sを強い内容で、それも経験値が上回るスマハマ相手に快勝のグリムが、最後は楽逃げからの二枚腰で、実は順当勝ちだった…、と結論付ける方が道理がいく。

内田騎手は一時期から、ケガなどもあったりして、騎乗馬の質が大分低下してしまったが、あの冬のノンコノユメとの復活を賭けた大勝負で沸かせたように、本来は、強気が身上で、勝負根性があるタイプの騎手だ。

必ずしも能力を正当に評価するとは限らない3歳重賞のオッズが、内田騎手のスタンスとグリムの持っているスキルとピタリと合っていたことで、たとえ微妙だったとしても、より前目の積極策に繋がったのは間違いない。

同時に、前走の内容くらいは振り返ったはずだ。

少なからずオープン実績があり、しかも川田騎手はいないということもあるにしても、初めて騎乗するとなれば、天才型の騎手でも重賞のレース内容くらいは見る。

その時、内田騎手は何もできなかったから、フラットな気持ちでやや不甲斐なかったグリムの競馬を、客観的に回顧していたのだろう。

メンバーを見渡せば、有力馬で一番前にいるのはきっとドンフォルティスで、自分より内にいるアルクトスが田辺騎手。

特に、後者の方をしっかり抑える、あるいはマークする形をとれば、少なくとも、前走のようなことはないだろう。

普通に考えただけでも、実力者のコンビたるグリム&内田の勝因は、いくらでも見つかるのだ。

最後には有力馬ではなく、古馬に2度揉まれてきた中山遠征も無難にこなしているのに、評価は外枠もあって低かったヒラボクラターシュが追いすがってきたものの、力の違いとそもそも余力で差し返してみせた。

1:52.0は、3歳限定でも特別速いとは言えない。

阪神の良馬場の1400Mで1分24秒台中盤のタイムを叩き出している馬だから、それに26秒足してまだ余りあるタイムは、決して、グリムの味方になったとは思えない。

人気馬は総崩れ。

人気が低すぎたグリムが、母系の影響でやや距離不安も窺えた今回、その力の一端を示した。

伏兵が勝っても、あまりプラスに出ないことも多いこのレースを、昨年とよく似た状況で制した以上は、どういう形であれ、結果を追い求めないいけない。

昨年の組は、人気馬も伏兵も今一つで、別路線のサンライズ2頭が今は活躍するのみ。

ルヴァンスレーヴ以外は…、のプレッシャーに呑まれることなく、自分らしさを皆に追求していってもらいたい。

今のままでは、当然、昨年の組の二番煎じでしかない。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方