2018年小倉記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

小倉記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


スタートから、1角までの距離が十分に取れる小倉の2000M。

高速馬場でレコード決着はほぼ確定的だったこのレース。

武豊という人は、論理的に無駄なものを排除していく騎乗を心掛けている騎手である。

自分を殺すのは逃げに出るだというのは、これまでの彼のキャリアからも我々は理解できている。

早い段階で去勢されたパートナーのトリオンフの競走人生を振り返るまでもなく、限定的開放のみを選択するつもりであったはずで、内の伏兵、特に勢いのある前走勝ち馬のマウントゴールドに行かせてしまった辺り、そこらの騎手とは明らかに引き出しの多さが違ったという印象を持った。

ほぼほぼ、この時点で確定的な好走要因を固めた武豊騎手駆るトリオンフは、スローでかなり折り合いを欠く面を見せつつ、タフに使われているようで、ここ3走は勝ち切れていないこともあり、この厳しい気象条件の中でも、馬体を減らすことなく、しっかりと人気に応えられる状況で、この展開に持ち込んでしまったのだから…。

サトノクロニクル辺りはもっと流れて欲しかった組だろうし、もっと器用ではないその同僚のストロングタイタン、筆者確勝級の確信を武豊に木っ端微塵にされたサンマルティンも回ってきただけ…、となってしまった。

後ろから攻めてこられると、自分のギアがどんどん上がって行くタイプ。

そんな馬に何度も乗って、力を引き出してきたのが武豊である。

5Fを起点に11秒台のラップを4連続、4角前後の攻防で10.9秒。

60.0-56.9→R 1:56.9は、小倉大賞典の勝因を踏襲し、よりトリオンフの良さを引き出した鞍上の理想の展開に近いものがあったはずだ。

勝ち馬は33.5秒で上がりをまとめている。無論、ローカルクラスでそれを負かすことは前にいても不可能に近い。

若手騎手には、このレースを沢山見返すようにして、参考資料にしてもらいたいものだ。



■ 10万馬券がコンスタントに当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。メールアドレスのみの無料登録で午前中のレース指数が永久的に閲覧可能だ。
※以下は午前中の的中例から抜粋。1着~3着入線馬の指数と3連単の的中配当。
※1着馬は指数1位~3位に限定し、買目を絞った。効率の良い買目の絞り方は下記ページ参照。

9/30 中山1R 3位⇒7位⇒1位で  40,590円的中
9/29 阪神6R 3位⇒5位⇒4位で 318,430円的中
9/29 阪神2R 2位⇒4位⇒8位で  35,270円的中
9/17 中山5R 1位⇒4位⇒5位で 111,200円的中
9/17 中山3R 1位⇒8位⇒6位で 268,690円的中
9/17 阪神5R 3位⇒2位⇒1位で  46,230円的中
9/16 阪神6R 3位⇒8位⇒1位で  68,100円的中
9/08 阪神5R 3位⇒6位⇒2位で  45,120円的中
9/02 札幌2R 3位⇒4位⇒1位で  80,030円的中
9/01 新潟6R 2位⇒8位⇒4位で  33,460円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方