2015 きさらぎ賞回顧

JUST競馬予想ブログ

きさらぎ賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

あまりにも衝撃的なゴールシーン。
2着に上がったポルトドートウィユは、確かに大事に乗って、誰にも邪魔されないように外々を回ってのスパートではあったが、直線半ばではルージュバックを射程圏に入れる位置につけられたわけだから、そこから完全に置いていかれてしまったのでは、もうお手上げである。
武豊は、馬柱に記された彼を作った4頭の背中を知り、また勝ち方も知っていた。それなのに、どうにもならなかった。
兄と同じような競馬で3着だったアッシュゴールドも同じ。
決して間違った騎乗ではないし、簡単に動いていけるような展開にもならないことはわかっていたから、ロスなく回ってこれても、この時期に無理な仕掛けをする意味はない。

結局、2月の重賞ということが、よりルージュバックの鋭さを引き立ててしまった感じだ。故に、個体の能力の違いが歴然とした結果だったと言わざるを得ない。

圧倒的だったのは、前半の展開に今までの経験と相違ないものがありながら、純粋な良馬場ではなかった分、メンバー中最速の34.4秒という、ある意味では平凡な脚で、きっちり休み明けの重賞初戦を楽勝してしまったことだ。
数字の違いが、明確な能力差を示す場合と、そうではない場合とで分けられるが、前走と馬体重に増減なしの発表がされた関西遠征初戦の3歳牝馬が、他にも右回り、初コース、結果的ではあるが好位抜け出しの競馬など全ての敗因になり得る要素を、ただ単純に能力の違いだけで乗り越えた点が、いかに凄まじいことであるか。

これから、ルージュバックのライバルは一気に増えると思っていた。
現に、この先の競馬は、チューリップ賞以外はまず多頭数である。足を引っ張られることもある。

しかし、それは群を抜いた才能ではなかったからというだけであって、相手に違う能力があったという側面が敗因に繋がったこともあるはずだ。
ただ、今のルージュバックには、己が壊れるか、己を見失うか以外に、敗因となり得る何かを見出せない印象だ。

1番人気になった関東の牝馬が、きっちり人気に応えてきさらぎ賞を制した。ただ単純に、その事実だけを捉えたならば、ライバルはそれを超える才能を秘めていなければならない。そのことがわかっただけで、今年の牝馬クラシックの方向性は彼女次第という結論に収まってしまう。だから、恐ろしいのである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方