2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<8/18・19>

読了までの目安時間:約 3分

 


大分過ごしやすい気候になった週末は、夏開催の仕上げの段階に入った。

土曜はどこも晴れ。

札幌1500は、人気のピンクブロッサムがちぐはぐな競馬で4着止まり。

スローを外から差し切ったノヴェリストの女馬・エレナレジーナも、時計勝負向きの気配まではしなかった。

小倉1200でも人気になったスカーヴァティが完璧な競馬をしながら、アズマヘリテージにあっさり差し切られた。

こちらは減量の影響もあるが、トーセンジョーダンに差し切られるロードカナロアはちょっと切ない。

血統的には母父ダンチヒ系まで共通。ジェンティルドンナの従兄弟にあたるロジャーバローズが勝ち上がった新潟内回りの2000M戦。

2分2秒中盤も納得で、人気馬を完全に葬ったあたりのポテンシャルはなかなか。

母父がリブレティストにかわったことで、これがアレッジドの肌が影響したのか、序盤はゆったり走っていたが、3角手前ではいつでも動ける位置につけて、あとは楽々の抜け出し。

小回りは向いているのはかもしれない。

北海道は雨で馬場がまた湿った日曜日。

まずまずの才能は登場したが、敢えて、新潟1400快勝の外国産馬・ダノンジャスティスに多く触れておきたい。

スローで位置取りも、超巨体ではない割に中団前目と危なさもあったが、エンジンがかかってからは、先人がよく語ってきた「これが外車か」のそれだった。

3歳のこの時期に、ヨーロッパの主要8F戦をほぼ総なめにしたキングマンの初年度産駒。名前のよく似た馬は多いが、記憶には留めたい。

札幌、稍重の1800は、人気馬の争いをディアドラマドレの全弟・カウディーニョが制した。

小倉1800の方は、先に抜け出した方が鞭に過敏に反応し、レースにならず。外から伸びた僅差1番人気のブラストワンピース半妹・ヴィクトリアピースが勝利。

何となく、期待の応え方が違う気もしたが、成長してもらわないと困る。

新潟1600も牝馬戦に関しては、アドマイヤメインの姪・プロスペリティが外から差し切ったのだが、これも違和感が。

他の人気勢がキレない恩恵を受けたような印象は拭えない。小柄だから、いい反応に繋がったのかもしれない。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方