2018年ローズS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ローズS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


絶妙な展開と馬場状態が、仕事人と化したルメールとの化学反応を生んだということか。

実力馬ながら、高い評価というところまでは得られなかったカンタービレが、フラワーC以上の強かな立ち回りで、見事にトライアルを圧勝して見せた。

ある意味、ノームコア陣営には迷惑な話であり、中竹厩舎としましても…。

ルメール騎手の円熟した騎乗の内容と、この流れできっとゴージャスランチは行くかもしれないという読みがピタリと当たった印象。

ダービーも、こうやって勝ったのである。

先行型には必ずしも有利ではない、ディープの差し馬の天国であるこのレースは、結局、

カンタービレ

サラキア

ラテュロス

というディープだけの組み合わせだったが、1800M以上における時計勝負に適応していた馬がかなりいた中で、その点ではむしろ、マイナスの材料があった面々の上位独占。

母父はそれぞれ、

ガリレオ

ロミタス

タッチゴールド

まずまず底力はあるが、本番では重すぎたり、またちょっと軽く見られるような配合。

レース前はかなり盛り上がったディープ祭りではあるが、少々、後傾ラップになりすぎたせいで、秋華賞へのコネクションの面で、上位勢にはやや怪しい適性が見て取れたのは事実だろう。

見どころをどう見極めていくか。

サトノワルキューレは展開こそ歓迎だったが、1800の上がり勝負で、なおかつ、多頭数の秋のトライアルというのが、キレ味をアピールしてきたゴージャスランチのような馬が先行する流れで、賞金面の余裕とオークスでの敗因とを合わせて考えて、想定内の敗戦だったとも言える。

良くも悪くもない。無難な秋の前哨戦。

が、小回りに変われば、尚更、仕掛けのタイミングは難しくなる。

独特の股関節の柔らかさを感じさせる歩様は期待を持たせるものはあったが、もしかすると、あの春の反動がまだあるのかもしれない。

この馬も、オークスではいっぱいいっぱいであった。

女王杯直行でもいい。

賞金加算はおろか、掲示板にも載れなかった、

センテリュオ

フィニフティ

トーセンブレス

らは、力を出し切れなかったということが、必ずしも、順調に思惑通りに使えなかった状況であったから、二重の意味でマイナス。

期待のセンテリュオも、まだ馬込みを捌く器用な脚がない。

権利を獲ったところで、本番では用なしだったか。

その点、まるで人気のなかったラテュロスは、秋山騎手らしいというか、馬の先行力を考えて無理なく出していって、今までにない好位付けから、ジリジリでもしっかり上位に食い込んだから、これは案外、見どころがある乱戦向きのタイプのように見えた。

おかげで、ゴージャスランチとウラヌスチャームら、非ディープ同盟の台頭を防いだから、結果的に、春の実績上位組には有難い結果を誘っている。

母系にアメリカンな異系が沢山入り込んでいるラテュロスは、アルテミスSとJFでラッキーライラックに完敗後、まるでオープンクラスには縁のなかった馬だが、秋のこの手のレース、好走馬を本番で侮ると、大概いいことはない。

欧州型の芝血統向きの秋華賞で、成績表の中で異彩を放つ三冠馬のアパパネのように、大きな仕事をしてくれそうな馬は、彼女なのもかもしれないと思った。

ローズSとしては、やや平凡な内容だったからこそだ。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方