2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<9/15~17>

読了までの目安時間:約 3分

 


土曜 芝マイル牝馬戦<稍>

阪神 人気通りの決着は、お行儀のいい順で入線。フサイチリシャールの全妹・ビーチサンバが、センスと完成度でミッキークイーンの妹らを完封した。

中山 中波乱の結果になるも、直線に入って横一線のところから、坂で突き放したオルフェ―ヴル産駒・ブルーグローブの底力が一枚上だった。

 
日曜 芝1800戦

阪神 ディープの人気馬に明暗。勝ち切ったレッドスパーダの甥・ルモンドは、母父キングカメハメハでパワーがあったか、雨上がりの馬場をスイスイ駆け上がってきた。リンカーン・ヴィクトリーの甥の方は、気性の問題もあるか、直線弾けず。まだ早いのだろう。

中山 雨上がりにありがちなスローの内残り、従って、前も残る展開。中山内回り仕様の蛯名スペシャル・インサイドアウトで、伏兵のエイシンフラッシュ産駒・サルウェーテがゴール前で差し切った。コース形態から人気でも好走のダイワメジャー×レッドランサムは、きっとマイルの方が合っていると思う。

何となく、良馬場的な雰囲気が全く感じられない状態であったから、東京、京都、新潟辺りでも動き一変の馬が出てくること請け合いである。

 
月曜 芝短距離戦

阪神 1400戦とはいえ、1:21.9は驚異的なタイム。それも人気のロードカナロアを制して、直線で抜け出したのがルーラーシップ産駒の二ホンピロヘンソン。立派の一語である。

中山 アドマイヤムーンが然るべきスプリント戦の流れを作り、人気のノヴェリストが差し切る展開。勝ったケンデュークは、この日多く見かけたサトルチェンジの系統。この馬は当たりだろう。

 
ダートは土・月に一つずつ。

土曜中山・稍重の1200戦は、藤田菜七子騎手のハルサカエが突かれながらも、直線で一気に突き放して押し切り勝ち。

評価は減量騎手の影響もあっただろうが、タフな馬を出すネガノの系統で、ゴールドアリュールの牝馬。筆者迷いながらの連下は、大失敗であった。

月曜阪神・1800戦は仕方ないという結果で、クリソライトの全弟・クリソベリルが爆発的才能を最小限発揮して、7馬身差圧勝。特に注文はない。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方