2018年神戸新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 


ワグネリアンはいつもの気配で、成長をしようという雰囲気はなかったものの、恐らく、自分としては苦手な距離で、菊花賞の穴候補ではすでになくなかった適性で上回る組をねじ伏せた。

マイペースのメイショウテッコン、もう少し無難に立ち回るのではと皆が思っていたエタリオウらが頑張ったのに対し、まさかのスタートから無理をさせることもできない後方外目のポジション追走のエポカドーロや、東京ではないからまたダメだったのか、という負け方のゴーフォザサミットなど、案外のグループもまたいた。

レースレベルはダービーと大きく変化はなかった。

その中で、ダービー馬の誇りを守ったワグネリアンは、世代におけるトップホースであることは、現状ではもはや、誰も疑わない状況にあり、結果で力を見せつけた価値は、乱戦ムードの今後の争いにおいて、真の底力が求められた際に、大きく崩れることはないのはこれで確定的であろう。

一方、春ほどの出来ではなかったにしても、全く競馬にならなかったエポカドーロは、人気面の足かせがなくなるアドヴァンテージは生まれる半面、パドックからあまり元気のある感じではなかった以外、何も得られなかったのはどうなのかということはある。

過去、春のクラシックを制して、尚且つ、菊花賞も勝っている馬となると、ナリタブライアンの阪神・京都新聞杯で不発に終わった2着がインパクト大だった以外、ミホシンザンがセントライト記念で故障明け叩いて、その後に京都新聞杯を勝って本番もという結果もあり、

ゴールドシップ 1-1

オルフェーヴル 1-1

ディープインパクト 1-1

エアシャカール 3-1<神戸②アグネスフライト>

セイウンスカイ 1-1

ナリタブライアン 2-1

近年の菊獲り失敗例に倣えば、

アルアイン 2-7

ディーマジェスティ 1-4

ワンアンドオンリー 1-9

メイショウサムソン 2-4

ネオユニヴァース 3-3

ノーリーズン 2-落

ジャングルポケット 3-4

最後の最後に、ちょっと前に見たサトノダイヤモンドが思い出したかのように追い込んできて、エポカドーロの場合は4着であったが、この内容がどう評価されるか。

いや、調子だけはとりあえず問題ないだろうという見解に加え、普通に出たら…、という過剰な支持を再び集める副作用も考えられる。

長短色々あるが、サクラスターオーのような狂気の二冠ロードはまずハマらないことを考えると、血統的にそれと似た面はあるエポカドーロだが、性格的にそうではないことは、単なるガス抜きという意味で、戸崎騎手の気持ちが萎えなければ、そんなに問題ないという見立てが大半だろうか。

どちらにせよ、ワグネリアンの気性とエポカドーロの秘める狂気は、ちょっと怖い面があるということだけは、今回勉強できたことはファンにとっての収穫。

穴の論理に、人気馬の欠点がセットで付いてくるように、彼らの死角はそのまま、伏兵の長所を引き立てることになる。

ただでさえ、人馬一体のリズムが重視される菊花賞である。

ワグネリアンは勝ったので、きっと秋の天皇賞だろう。

その前の週に、きっと、エポカドーロは3歳最終戦を人気で戦う。

人気のなかったダービーとは一転、それなりに注目される秋の大舞台で、持ち味全開だったメイショウテッコンと次なる策が見えてこないエタリオウや、2歳王者、新潟記念圧勝馬など、それぞれに同期の高き壁がこの後登場し、それを負かすための戦いとなる。

自分を失わなければ、春の自分でいられるはずだが、はっきりと気配が次で変化しないと、うまくいかない可能性は大いにある。

それはきっと、レース当日でないとわからないことだろうが。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方